運動関係

縄跳びの縄を買う

Renawatobi


 子供が成長するにつれ、忘れていたいろいろなものが蘇ってきます。最近蘇ってきたのが縄跳び。ムスメが学校で縄跳びを始めたらしく、公園に行ったときに私にやって見せろと言います。普通に飛ぶのはできました。後ろ飛びもできました。綾飛びもなんとかクリア。で二重跳びですが、どうもうまくいきません。

 うまくいかないのは、使っている縄跳びが子供用で短いから。

──と自分に都合よく理由づけた私は、そのまま縄跳びの縄を買うことにしました。アマゾンで検索すると、やっぱりありました、いいやつが。

 商品名は「スピードジャンプロープ」。カッコイイ名前です。「グリップ部にベアリングが入っているのでロールの抵抗が少なく、高速の回転が得られます」……反則ですかね(笑)


 これで二重跳びに挑戦したところ、なんとかクリア。グリップ部にベアリングが入っていて「なんとかクリア」というのも悲しいですが、クリアはクリアということで。

 とはいえ、蘇りはこれでは終わりません。次に戻ってきたのが逆上がりです。逆上がりができないというムスメに見本を見せるべく二十年ぶりくらいに公園の鉄棒で挑戦したんですが、まさか自分ができなくなっているとは思いませんでした。こればっかりは道具でなんとかするわけにはいかないし、と悩んでいたところで、ふとポケットのiPhoneでYouTubeで「逆上がり」で検索したところ、やっぱりありました。いい動画が。

 これで無事私は逆上がりを思い出しました。ただ肝心のムスメはいまだにできないんですよね。知り合いの女性に聞いたら「体重に見合った腕力と腹筋力が必要」ということでした。「小さな子からできていくでしょ」と彼女は言うのですが、いや、確かに。うちのムスメはクラスでも大きい方なんですよね。となると、逆上がりのためにはダイエットが必要ということでしょうか。