食事関連

AKG Y45BTのイヤーパッドが剥がれた

4501

 2015年に買ったY45BTのイヤーパッドが剥がれ、中のスポンジが見えるようになってしまいました。

 音楽が聴けないわけではないですが、こういうのって気分よくないですよね。

 そこで購入した量販店へ。保障期間は過ぎていますが、まあ、仕方がありません。しかし、サポートの窓口でY45BTを見せると「ハーマンの製品はこちらから出すと、本体交換になる可能性が高いですよ」と言われてしまいました。

 つまりは直らないということなんでしょうか?

 そう尋ねると、店員さんが、サポートページを検索して「交換用のイヤーパッドが売っていますね」と教えてくれました。「こちらを買ったほうがいいと思いますよ」

 交換用が売っているということは、買えば自分の手で交換できるということなんでしょうね。

 家に帰って自分でも検索してみます。まずは「Y45BT」のページへ。

4501_2

 ページの下の方にある「この製品をみた方は、こちらの製品もチェックしています」欄に、「AKG Y40/Y45BT 交換用イヤパッド:ブラウン」を発見。クリックしてみます。

4502

 「AKG純正 交換用イヤパッド/イヤチップ/ケーブル」というページに飛びました。

4503

 ケーブルとかが出てくるのでちょっと戸惑いますが、ケーブルの下にイヤパッドの一覧がありました。そこで「Y45BT」の「ブラック」を見つけて「購入はこちら」ボタンを押します。

4504_2

 「AKG Y40/Y45BT 交換用イヤパッド:ブラック」というページにたどり着いたので購入してみます。

 本体価格1500円に消費税がかかって1620円。送料は無料です。

 土曜日に注文したところ、週明けの月曜日18時に「発送した」というメールが届き、翌火曜日に帰宅したら宅配ボックスに入っていました。迅速ですね。

 箱はかなり大きいですが、あけてみると、梱包材の下に小さなパッケージがぽつんと。

4505

 特に説明書もありません。

4506

 袋からイヤパッドを取りだしてみます。

4507

 こうやって単体で見ると、本体につながっている部分が「剥がれた」と思っていたのが間違いで、イヤパッドの中間部分が「破れた」のだとわかります。


 下の写真の赤丸で囲んだ部分が本体につながっている部分なんですね。

4508

 ここからカバーを引っ張り出して、破れたイヤパッドを本体から外します。

4509

 交換用の新しいイヤパッドと並べると、何が起きたかがはっきり分かりますね。左側はカバーの中央部が破れて中味が見えてしまったわけです。

4510

 さあ、作業開始です。新しいイヤパッドを本体に取り付けます。取説がないのですべては推測です(笑)。まず本体にかぶせるように取り付けて、本体につけられた溝にはめ込んでいきます。

4511

 指先で押し込んでいったのですが、本当だったらピンセットとか使った方がいいんでしょうね。

 苦労したのが、ヘッド部分を支えるアームの後ろ。なかなかうまく入りませんでした。不器用ですから。

4512

 というわけでなんとか交換は終了。とりあえず問題なく聴けますので、成功ということで(笑)

4513_2

 さて、どのくらい持つのでしょうか。

新大阪駅のデリカKYYでソース重を買って食べる

Kyyskj

 久しぶりにソースかつ丼の話です。

 大阪出張の帰り、新大阪駅のデリカKYYに「ソース重」というメニューがあったので、買ってみました。ディスプレイをみると、ご飯の上にキャベツが敷いてあって、カツがカットされているタイプです。まあ、ひとくちかつ+キャベツなし、というこの日記で定義しているソースかつ丼ではないことはあきらかなんですが、とりあえず話のネタに。600円という値段も駅弁にしては安いです。

 ポイントはかつにソースがどう絡んでいるか。桐生の志多美屋や、福井のヨーロッパ軒のように衣にソースが染みこんでいるのがベストですが、カットされていても、前橋のえびす食堂のようにしっかりと衣にソースがからんでいるお店もあります。ただかけるだけでも、会津のマルモ食堂では「かつに対してソースをかける哲学」のようなものも感じました。

 で、今回ですが、厨房で女性が揚げあがったカツにソースをかけているのが見えました。ふつうに上からザーとかけるだけ。その時点で、こちらが求めているソースかつ丼(重箱ですが)ではないことは分かってしまいました。まあ、駅弁だから、桐生の藤屋食堂のお弁当みたいなものを期待しても仕方ないですよね。

 かつはそれなりにおいしかったです。次にここで買う機会があったら、普通のかつ弁当にします。

※ソースかつ丼関連の記事は単独サイドにまとめることにしました。この記事も転載しています。ここに載っていなかったソースかつ丼にも振れています。もしよかったらご覧ください → 【ソースかつ丼への道】

マルモ食堂で「ソースかつ丼」を食べる

 震災前の話です。

 会津若松から喜多方へ向かうとき、乗り換えで40分ほど時間を潰すことになりました。せっかくなので有名な会津若松のソースかつ丼を食べてみることにします。

 でも、いきなり決めたのでどこへ行けばいいかわからない。

 観光案内所に行くと、ソースかつ丼マップをくれました。「でも駅の近くにはマップに載っていいる店はないんです」と申し訳なさそうに言われます。ああ、そうですか。すると隣の女性が「駅前のマルモ食堂はマップには載っていないけど、メニューにはありますよ」と教えてくれました。おお、ありがとうございます。

 さっそく行ってみます。
Img_2310
Img_2320

 昔ながらの食堂ですが、けっこう広い。駅前だから、でしょうね。
Img_2313

 表記は「ソースかつ丼」。志多美屋と同じです。
Img_2314

 出てきました。
Img_2315

 予想通りのソースかつ丼。ご飯とカツの間にキャベツが敷かれていて、かつがカットされています。一口カツの桐生や福井とは違うスタイルです。
Img_2316

 でも、考えてみれば、桐生にも福井にも縁のない人がイメージするソースかつ丼って、たぶんこれなんですよね。好き嫌いはさておき、会津若松流のソースかつ丼の影響力の大きさを感じずにはいられません。

 肉の断面はこんな感じ(ピンぼけですみません)
Img_2317

 キャベツの量はそんなに多くなく、細かく刻まれているので、それなりにご飯にもソースがしみています(そういえば、昔羽生PAで食べたソースかつ丼もキャベツは控えめだったことを思い出しました)。ソースはけっこう甘めかな。
Img_2319

 キャベツがそれほど存在感を主張していないので、あまり違和感はありませんでした。かつへのソースのかかり方もすごくていねい。「ソースかつ丼へのソースのかけ方はこうあるべき」という哲学が感じられる気がしました。でも、やっぱりかつがカットされていることが気になるなあ。小春軒の若主人に聞いた「カットしてないから肉のおいしさが逃げない」というポイント、そこが重要な気はするんですけどねえ……。

※ソースかつ丼関連の記事は単独サイドにまとめることにしました。この記事も転載しています。ここに載っていなかったソースかつ丼にも振れています。もしよかったらご覧ください → 【ソースかつ丼への道】

福井駅前の「ほていや」でソースカツ丼を食べる

 福井出張を終えて帰る直前、電車の時間まで30分待つことになりました。さあ、最後にもう一軒、ソースかつ丼を食べよう、ということで、駅近くにある「ほていや」へ入ってみました。

 ここを選んだ理由は駅に近かったことと、外観がいかにも昔ながらの駅前定食屋という感じなので、オーソドックスな福井流が食べられるのではないかと考えたからです。
Hoteiya01_2

 さっそく頼んでみました。表記は価格は850円です。

 で、出てきたのは、なんとヨーロッパ軒スタイルではなく、キャベツが敷かれているタイプのソースカツ丼でした。
Hoteiya02

 ありゃりゃ。

 味のほうも、カツ、ごはんともに、ソースがべっちゃりとかかりすぎのような気が…。
Hoteiya03_2
Hoteiya04_2

 福井流(ヨーロッパ軒流)を期待した人間にとっては、ちょっと残念な感じです。福井にもいろいろあるんですね。

※ソースかつ丼関連の記事は単独サイドにまとめることにしました。ここに載っていなかったソースかつ丼にも振れています。もしよかったらご覧ください → 【ソースかつ丼への道】

福井の小川家で「活気ロースかつ丼」を食べる

Ogawayaloin01

 福井仕事で時間が空いたので、小川家で、ヒレに続いて、ロースも食べてみました。

 出てきたどんぶりを見て、あれれ。メニューの写真ほどカツが大きくありません。とりあえずサイズはいっしょで枚数が1枚多いということなんですかね。

 肉はこんな感じ。
Ogawayaloin02

 ソースのご飯へのかかり方はこんな感じです。
Ogawayaloin03

 味はやっぱりヒレのほうが好きでした。でも、コストパフォーマンスを考えると、こういう店で食べるには、こちらが合っているんでしょうね。

福井の小川家で「活気ヒレかつ丼」を食べる

 昨年に続き、福井へ仕事に出かけました。そこで前回気になっていた「小川家」へ。吉野家的ソースかつ丼専門店です。

 メニューにはロースとヒレがありました。値段は同じ480円。

 どちらが人気ですか、と店員さんに聞くと「ロースは4枚なので、男性にはロースが人気です」とのこと。メニューの写真を見ると、ロースのほうが1つのサイズも大きそうです。でも、ここはやっぱりヒレだよね、ということで「活気ヒレかつ丼」を注文。そんなに食が太いわけではないので、3枚でも、まあ、いいかと。
Ogawayahire

 カツの味も悪くありません。
Ogawayahire3

 ご飯へのかかり方は、こんな感じ。まあ、この値段ですからねえ。
Ogawayahire2

 480円と考えれば十分じゃないかと。この店、やっぱり東京にほしいなあ。

※ソースかつ丼関連の記事は単独サイドにまとめることにしました。ここに載っていなかったソースかつ丼にも振れています。もしよかったらご覧ください → 【ソースかつ丼への道】

「ミュージックランド ミヤコ」で浅田あつこの「恋するだるま」を買う

 先日、四ッ谷三丁目駅を久しぶりに利用したのですが、出口のすぐ近くにあるレコード店「好音堂」の前を通ったら、シャッターがしまっていました。「定休日」という表示もなかったのですが、もしかしたら店を閉めちゃったのでしょうか。
Kouondo

 そのあと、荒木町のまるいちに行ってらーめんを食べたのですが、らーめんを食べながら考えたのは、タワーレコードや新星堂のようなチェーン店ではなく、中古レコードショップでもない、ヒット曲を扱う街のレコード店って、どのくらいあるんだろう、ということです。書店以上に厳しいような気がします。実はうちの近所にあったCDショップもいつのまにかなくなっていたんですよね。そういえば、大塚の北口にあった店もなくなっていたような……

 そこで、らーめんを食べながら決めました。そういう店の前を通ったら、店の中に入って、必ずCDを1枚買おうと。

 で、すぐにそういう店の前を通っちゃったんですよね。

 銀座四丁目の交差点を東銀座に向かって歩いた左側にある店です。店名は「ミュージックランド ミヤコ」。
Miyako

 決めた以上は入らないと。ということで、中に入ってみました。

 演歌系だけあって、カセットが充実しています。

 演歌系の店なので、どうせなら全く知らない歌手を買うことにしました。カセットを買って、デジタル化してもいいんですが、まあ、ここは将来性を考えてCDにしました。

 買ったのは浅田あつこさんという人の「恋するだるま」。1200円。選んだ理由はジャケットの写真が好みだったから(笑)。演歌だってジャケ買いです。「恋するだるま」というタイトルは買ってから気づいたんですが、これ、どうなんでしょうか(笑)。ちなみにカップリング曲は「たそがれの御堂筋」です。
Rekoisurudaruma

 リッピングしてみたら、CDDBのジャンルはPopでした。

 アマゾンでも売ってます。

 ビックリしたのは、アマゾンでカセットも売っていたこと。アマゾンでカセット!

 さらに、もしかして、と思ってiTunes Storeで「浅田あつこ」で検索したら、50件、ヒットしました(笑)。この曲も売ってます。

 オフィシャルサイトもありました。
http://www.anchi.tv/top.html
 昭和47年生まれなんですね。

 YouTubeに本人のコメント動画がアップされてました。演歌歌手もようつべを使いこなす時代なんですね。そうか、「恋の駆け引きを歌った歌」なのかw ジャケットと結構印象が違うのは、まあ、それはそれとしましょう(笑)

 歌詞はここに載ってます。まあ、なんというか、「大人な歌詞」ですねw

 カラオケをYouTubeで発見しました。

 いや、演歌って奥が深いなw

 ちなみに、これがまるいちのらーめんです。
Noodleyotsuya


喜多呂で「ミックスB丼」を食べる

Kitaro01

 久しぶりに大阪に行く機会がありました。アポイントメントの間が2時間ほど空いてしまったので、以前訪ねた中崎町の喜多呂へ行ってみることに。

 頼んだのは、前回帰るときに店員さんから「カツ2つにミンチ1つのB丼もおいしいよ」と言われたミックスB丼。カツとメンチのミックスです。

 味噌汁とサラダを付けない単品で1000円。付けると1200円。かつ丼(このお店は福井流に「ソースかつ丼」のことを「かつ丼」と言います)より高いんですね。

 ご飯へのソースのかかり方はこんな感じです。
Kitaro02

 カツとコロモの関係はこんな感じ。
Kitaro03

 こっちはメンチです。
Kitaro04

「ソースカツ的に味がしみこんだメンチ」というのに興味を持ってチャレンジしてみたんですが、ソースがしみているのでメンチがしっとり柔らかくなっていました。考えてみれば、あたりまえか(笑)。やっぱりメンチの衣はサクサクしていてほしいなあ。

 というわけで、次に来ることがあったら、オーソドックスにかつ丼を頼むことにします。

※ソースかつ丼関連の記事は単独サイドにまとめることにしました。ここに載っていなかったソースかつ丼にも振れています。もしよかったらご覧ください → 【ソースかつ丼への道】

喜多方ラーメン

 地震の影響、我が家はほとんど被害がなかったのですが、早朝に帰宅したら、私の部屋だけひどいことになっていました。まあ、いろいろなものを適当に積み上げているので、当然といえば当然。東北には友人もそれなりにいるのですが、彼らに比べれば全然たいしたことはありません。

 実は地震の一週間ほど前、福島県喜多方市に仕事で行っていました。名物のラーメンも堪能しました。今、現地のお店がどうなっているかはわかりませんが、交通が復活したら、お世話になった方々のところへ再び伺うつもりです。そのときの備忘録として、喜多方のラーメンをここに記しておきます。この未曾有の事態が落ち着いた後、みなさんが喜多方へ出かけるときの参考になれば幸いです。

●源来軒
 比較的に駅に近いところにあります。ここが喜多方ラーメン発祥の店といわれているらしいですね。比較的遅い時間までやっていました。
Regenraiken

●喜一
 もともとは会津若松市でステーキハウスを営んでいたご主人が、「横綱に挑戦する気概」で開いた店。スープがおいしい。朝からやっているので(「朝ラー」というそうです)、10時半にスープが切れて閉店、ということもあるとか。
Rekiichi

●坂内食堂
 市役所近くにある有名店。休日は大行列だそうです。スープの色がびっくりするくらい薄い。それでも十分おいしいのは、やっぱり水がいいんですかね。
Rebannai

●まこと食堂
 ここも有名店。朝の7時半からやっているということで7時半ちょうどに行ってみたのですが、もう開いてました。何時からやっているんだろう。
Remakoto01

 昔ながらの店内もいい感じ。
Remakoto02

●上海
 古くからある酒蔵のお兄さんに「よく行く店は?」と聞いて教えてもらった店です。厨房には女性二人。そのせいか、行ったときは女性客しかいませんでした。
Reshanhai

 最近は喜多方ラーメンも多様化しているそうですが、今回は基本のあっさりした醤油味ばかり食べました。この手のスープは東京だと物足りなく感じるんですが、どれもおいしかった。地元の人に言わせると「水がいいから」だとか。

 喜多方はもともとおいしい地下水に恵まれた地域ですが、ラーメン店は地下水ではなく水道水を使わなくちゃいけないそうです。でも「水道水も他の場所とは全然違う」と喜一のご主人は言っていました。水道課の方によれば「もともときれいな水を使っているので、最低限の薬品しか使わなくて済む」。喜多方市水道課は、この水道の水をミネラルウォーターとして販売していたりもします。これも次に行ったら買ってこよう。

麺舗十六で「十八番(ビー麺)」を食べる

Jurokubmen01

 池袋の麺舗十六で、前に行ったときに気になっていたあぶらそば「ビー麺」を食べてみました。シンプルなメニューではなく、お薦めらしい「十八番(おはこ)」というバージョン。「半肉、半玉子、半野菜、のり二枚」というトッピングがついてくるそうです。値段は890円。

 麺の量は小200g、1.5が340g、並が460gと、並よりも下に2ランクあります。珍しいなあ。今回は1.5を頼んだのですが、正直、これでもかなりおなかいっぱいになりました。小でよかったかも。
Jurokubmen02b

 味としては、つけ麺のほうがおいしかったような…。普通のラーメンを食べてみるか否かは思案中。

より以前の記事一覧