衣類・アクセサリ

かなり長く履いたGAPのジーンズが壊れた

Gapj01

仕事を終え、家に帰ってきた後に履いていたGAPのジーンズに穴があき始めました。

膝に穴があいたときはいい雰囲気かなと思ったのですが、お尻に開き、フロントボタンのホールがほつれ始めて頻繁に外れるようになるともうそろそろ限界だと思い始め、捨てることにしました。

左膝。
Gapj02

右膝。
Gapj03

お尻。
Gapj05

フロントボタン。
Gapj04

ジーンズはこうやって壊れていくのですね。

購入したのは2015年。購入価格は1750円。払ったお金を考えると、もう十分その役目を果たしてくれたのではないでしょうか。感謝。

エポカのジャケットを買う

Epoca

バーゲンではとりあえず仕事着を買う、というのが一応のルール。冬のボーナスではエポカでジャケットを買いました。

サイズは46。生地を見ると、表がレーヨン72%、ナイロン26%、ポリウレタン2%。裏地はポリエステル。いわゆるジャージ素材のジャケットです。

もう少し明るい色のジャケットと悩んだのですが、羽織ってみたら、もうこちらしか考えられませんでした。こんなに着心地が楽だとは思わなかった。次のバーゲンでも夏用に1着買うかもしれません。

LeeのLM5102(ブラック)を2年ぶりに買う

Lee102_2015

 LeeのLM5102(ブラック)を注文しました。前回買ったのが2013年10月でしたから、2年ぶりに注文したことになります。

 このジーンズ、便利なんですよ。比較的真面目な部署で5年間過ごしたときも、このジーンズにジャケットを羽織って、プレスされたワイシャツを着れば、文句を言われることはありませんでした。

 ただ定期的にはいていると、膝の辺りがテカってくるんですよね。素材のせいかなあ。日当たりのいい日に外へ出ると、なんとなくくたびれた学生服を着ている気分になるので定期的に買い直すはめになります。

 料金は送料込みで1万1880円。昔はもっと安かった時期もあったような気がします。確認したら2013年に買った時は約半額でした。セールをしていたのかな。2012年は送料込みで1万500円。まあ、こんなものか。

 パンツの流行からすると、今買うべきはこういうフレアではなく間違いなくスリムですよね。次にジーンズを買うなら持っていないグレーもモデルをと考えているのですが、それはスリムにしてみようかな。

ベネトンでピンクのシャツを買う

Beneton_pink

 春先に青いシャツを買ったのに続き、再びベネトンでシャツを買いました。色はピンクです。いや、パーソナルカラー診断で「明るいピンクが似合う」と言われたんですよ(笑)。

 前回買ったシャツは39でしたが、かなりタイトでした。今度はM。前回のシャツに比べると微妙に大きい感じかな。

 そして、またユニクロの古いシャツを捨てます。メンズのシャツのデザインって、ホント、ここ数年でスリムになりましたよね。新しいシャツを着こなすには、もう少し痩せないとなあ。

Unqlo_gray


ベネトンでシャツを買う

20140329beneton

家族の買い物に付き合い、佐野プレミアムアウトレットへ行きました。

まずはいつもどおりClarksへ。欲しいのは歩きやすく、履きやすいローファーなんですが、今回も良さそうなものはなし。というわけで、後は休日に着られる春物のシャツでも買うかというモードになりました。イメージ的には3年前に買ったバナナリパブリックのシャツですね。

あれこれ見ていたのですが、買ったのはベネトン。ベネトンで服を買うのって何年ぶりだろう。今世紀初めてであることは間違いありません。

ちょっと細身でしたが、まあ、休日用なので、前を開いたまま着てもいいかな。あと体重が去年より2キロ程度増えているので、痩せる動機付けになるかもしれません。

レシートに記載されている商品名は「UMニューオックスSH」。価格は3450円。安いな。

さて、似合うでしょうか(笑)。

シャツを1枚買ったので、シャツを1枚捨てることにします。こんなブログをやっていて何ですが、「ものを増やさない」というのが今年の目標なのです。何かを買ったら、何かを捨てる。これを原則にしたいわけで。

というわけで、いつ買ったかわからない、ユニクロのシャツを捨てることにします。同じようなアングルで撮影すると、シルエットがずいぶん違うことが分かります。

140329uniclo

6年ぶりにアバクロの帽子を買った

Abercrombie_cap

 2007年に買ったアバクロのベースボールキャプが消えました。取材である屋外イベントに行くときにかぶろうと思ったら、あると思っていたところにないのです。あれこれ探してみましたが、見つかりません。

 最後に使ったのはいつだろう? とりあえずグアムには持っていった記憶があるんですが。でも、この日記(グアムに持っていったもの【非デジタル編】)には書いてないので、持っていってないのかなあ? 

 基本的に帽子をかぶる人間じゃありません。使うとしても年に1、2度。もう今年の夏には使うこともないでしょうが、秋の天気のいい日とかに使うかもしれない、なんて考えると、ちょっと不安になります。まあ、念のために買っておきますか。そういえば、昔も「使うかもしれないから」と買ったんだよなあ。

 でも、買った後に昔の帽子が見つかる可能性もあります。だから、買うならできるだけ安いものを。なんてネットを探していたら、Amazonで「Abercrombie&Fitch (アバクロンビー&フィッチ )ダメージ&ユーズド加工 メンズ キャップ グレー フリーサイズ AF3」というキャップが送料込みで3900円で売っていたので、それを買うことにしました。前回が送料込みで8300円でしたから半分以下で買えたことになります。それだけアバクロが日本で一般化したってことですかね。

 で、届いたら、ブルーだと思った帽子はグレーでした。グレーは老けて見える気もするんですが、どうだろう?(まあ、実際に老けているんですが)。とはいえ、そんなに何度も使うものでもなし。お金もないから、当面、これでいこうと思います。なくさないようにしないと。

レザーのジャケットを買う

 ちょっとラフな格好に合うジャケットを探しています。数年着たニューヨーカーのジャケットがそろそろ傷んできたので、その代わりです。

 イメージ的には、ジーンズを履いているときに、上に羽織れば、それなりにビジネスっぽく見えるというもの。価格的には2万円前後で押さえたいところです。

 冬のバーゲンをあれこれ見たのですが、いいジャケットがなかなか見つからない。ほしいと思うデザインはたいてい3万円以上します。

 そんなときに、以前、革のシャツを買ったネットショップで、よさそうな革のジャケットをみつけました。この商品です。

 価格は1万4800円。送料が500円。合計で1万5300円。予算枠に納まります。

 革のシャツに満足していたので、これを買ってみることにしました。

サイズはM。
肩幅 44cm
着丈 68cm
胸囲 99cm
裾周 106cm
袖丈 62cm
袖幅 29cm

 革のシャツに比べると、肩幅が1cm大きく、袖丈が2cm短い。胸囲とかはデザインが異なるので比較にはならないかなあ。

 というわけで注文しました。あっさり2日後には到着。

 試着してみましたが、なかなかよさそうです。もしかしたら、もう少し小さくてもいいかも、と思ったのですが、このジャケットではMが最小でした。

 ちょっと不安に思った、襟のステッチラインも、それなりにカジュアルな雰囲気を出しているのでいいんじゃないかと。

 ここのブランドの製品はAmazonで売っているんですね。同じモノは見つからなかったけど、ちょっと迷ったもう1つのジャケットはありました。

革のシャツを買う

 革のシャツを買いました。Gジャンの代わり的に使えればと考えています。

 この商品です。

 価格は1万4800円。送料込みで1万5300円。

 サイズはM。ホームページに書いてあった寸法は以下の通りです。
●着丈 67cm
●胸囲 100cm
●胴囲 92cm
●肩幅 43cm
●袖丈 64cm

 下にTシャツを着て羽織ると、肩幅はぴったり。ボタンを締めようとすると胸のあたりがキツイ。これは体型の問題でしょうか。袖丈もちょっと長いですね。ただ大きな問題はない気もします。

 このショップは着てみて合わなければサイズ変更を受けてくれるそうです。今回はこれで大丈夫ですが、やっぱり安心感ありますよね。

西武でLimited Editionのジャケットを買う


 クールビズのため、夏場はジャケットを着ないのですが、まあ、万が一のためにカジュアルなジャケットを1着持っていてもいいかなとは思っています。メッシュ地の黒ジャケットは1着持っているのですが、体重が激減する前に買ったので少しオーバーサイズ。どこかのアウトレットに行ったときにでも探してみるかとは思っていました。

 そんなとき、少し時間が余ったので涼みによった池袋西武で、Limited Editionのメッシュ地のジャケットが1万500円で売っているのを見つけました。サイズもあるそうですので、試着してみます。

 Sを着たとき、店員は「いい感じですね」。そしてMを着たときは「ああ、こちらのほうがいい感じですね」。…まあ、きちんと納得するまで試着するというのが基本ですな(笑)。

「涼しげに着ていただくジャケットですから、Mのほうがいいと思います」という店員さんの言葉にセールストーク以上の説得力を感じましたので、Mを購入しました。

ブラックボーイ(SKX007KC)のベルトを替える

Blackboybelt

 昨年の12月、休日用に購入したブラックボーイ(SKX007KC)ですが、以前も書いたとおり、どうもベルトが厚くて固くて扱いにくくて困っていました。

 そこで、材質的には同じウレタンですが、もう少し薄いマルマンの「S38」というモデルに替えてみました。価格は1050円。

Blackboybelt2

 これだけでずいぶん扱いやすくなりました。ベルトって重要ですね。夏場は汗をかくから、休日だけでなく、仕事用にもいいかもしれませんね。

より以前の記事一覧