« 「カセットテープMP3変換プレーヤー デジタル化」を買う | トップページ | 映画『ドクター・ストレンジ』を観る »

ガーランド・ジェフリーズの「14 Steps To Harlem Tour」へ行く

Garlandjeffreys_billboard

 朝、ラジオをつけたらガーランド・ジェフリーズの曲が流れてきました。NHK−FMの「ウィークエンドサンシャイン」。まあ、ジェフリーズが流れるならここしかないだろうという番組ですが、新譜が出てからちょっと時間が経っています。なぜだろうと思いながら聞いていたら、朝霧JAMに出るとのこと。それで取り上げたんですね。行きたいけど朝霧はハードルが高いとくやしがっていたら、なんとビルボード東京でもライブがあるという話に。すぐにチケットを押さえました。便利な時代です。ビルボードに行くのは2013年のトッド・ラングレン以来かな。

Garlandjeffreys_to

 新譜タイトルを関したツアーだけあって前半は新曲中心。『14 Steps To Harlem』はかなり出来がいいアルバムだったので、ライブも楽しめました。さらに8曲めの「Christine」あたりからは、「We The People」だったり「R.O.C.K」だったり「96tears」だったりと20世紀路線へ。改めて「R.O.C.K」はいい曲だなあと実感しました。

 「Ghost Writer」ではステージを降り、会場をぐるりと回ります。座っていたのはDXシート(DL18)なのですが、すぐ後ろも通ったのでハイタッチ。我ながら単純ですが、うれしかった。

 備忘録として、セットリスト。抜けはあるかもしれません。1曲だけ知らない曲があったけど、ボブ・ディランあたりの曲かなあ。Setlist.fmをみたら、リストが載っていたのですが、「She Belongs to Me」とあります。どうやらラストの曲が違っているので、2回めのセットリストのようですが、私が見た1回めもこの曲でしょう。

1 Waiting for a man(『14 Steps To Harlem』2017)
2 The Contortionist(『The King of In Between』2011)
3 When You Call My Name(『14 Steps To Harlem』2017)
4 Till John Lee Hooker Calls Me(『14 Steps To Harlem』2017)
5 Reggae on Broadway(『14 Steps To Harlem』2017)
6 Venus(『14 Steps To Harlem』2017)
7 Help(『14 Steps To Harlem』2017)
8 Christine(『Escape Artist』1981)
9 Coney Island Winter(『The King of In Between』2011)
10 Ghost Writer(『Ghost Writer』1977)
11 She Belongs to Me
12 We The People(『Escape Artist』1981)
13 R.O.C.K(『Escape Artist』1981)
14 96tears(『Escape Artist』1981)
(アンコール)
15  Wild in the Street(『Ghost Writer』1977 ※シングルは1973)
16  Hail Hail RockNroll(『Don't Call Me Buckwheat』1991)

 せっかくなので「Wild in the Street」のTシャツを購入。2000円は安いな。

Gj002



« 「カセットテープMP3変換プレーヤー デジタル化」を買う | トップページ | 映画『ドクター・ストレンジ』を観る »

旅行・イベント」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/72028622

この記事へのトラックバック一覧です: ガーランド・ジェフリーズの「14 Steps To Harlem Tour」へ行く:

« 「カセットテープMP3変換プレーヤー デジタル化」を買う | トップページ | 映画『ドクター・ストレンジ』を観る »