« クラークスの「DENNER STEP」を買う | トップページ | スパークの「エンサインN177 アルゼンチンGP 1977」を買う »

GF1が修理から戻ってきた

Gfafter_repair001

 というわけで、修理に出していたLUMIX DMC-GF1、すでに返ってきております。

 修理箇所はリアケースのゆがみ、バッテリードアとリアグリップ破損。修理費用は8870円でした。改めて見ると、交換した部分が真新しいことがわかります。

Gfafterrepair01

Gfafterrepair02

Gfafterrepair03

 さて、修理が終わったところで、娘にカメラを使わせるとき、レンズをどうするかを考えてみます。

 基本的にはPL6についてきた「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R」をパナにつけて使わせるつもり。手ぶれ補正は効きませんが、一眼を使うならその辺はストイックにやってもらわないと(笑)。

 ただこのズームだけだとコンデジと変わらないから、単焦点も使わせたいところです。20mmF1.7は父が使っているので、45mm F1.8でもいいかも。若い子は広角より望遠でしょうし。

──なんてことを考えていたのですが、正直、自信がないので(笑)、プロのカメラマンに相談してみます。メインはキヤノンだけど、仕事がらみでマイクロフォーサーズも使っている人。個人的には100%信頼しているカメラマンです。

●最初の一本はやはり標準ズームレンズ。小さく軽量で、しかも広角から中望遠まで何でも撮れる。すでにカメラが好きな子でなければ、何でも撮れないと興味が続かない。

●2本目はPanasonicの20mmF1.7か、オリンパスの25mmF1.8。手軽で、一眼ならではの描写が味わえて楽しい。もしくはオリンパスの45mmF1.8。安価ながら中望遠の描写が楽しめて、ペットや人物を写すのが楽しくなる。

●もし標準ズームレンズでないものを1本目に使わせるなら25mmF1.8。50mm相当の画角は中途半端だけど、潰しが効きやすく、万能レンズ的に使えて描写もいい。

 あいかわらずわかりやすいアドバイスです。さすが。というわけで、専門家のお墨付きももらったので、オリンパスの標準ズームを基本的に使わせて、必要に応じて45mmf1.8を渡しましょう。標準レンズに関しては、必要に応じて父の20mmF1.7を使わせればいいかと。

その他のLUMIX DMC-GF1関連記事
●LUMIX GF-1の修理費用が出た
●LUMIX GF1を修理に出す
●オリンパスの「PEN Lite E-PL6 ダブルズームキット ブラック」を買う
●中古レンズを売り払い、Panasonic 20mmF1.7を買う
●9800円の「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 II」は失敗だった?
●「LUMIX DMC-GF1」をただで手に入れる

« クラークスの「DENNER STEP」を買う | トップページ | スパークの「エンサインN177 アルゼンチンGP 1977」を買う »

デジタル機器・家電製品」カテゴリの記事

写真関連」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/61375208

この記事へのトラックバック一覧です: GF1が修理から戻ってきた:

« クラークスの「DENNER STEP」を買う | トップページ | スパークの「エンサインN177 アルゼンチンGP 1977」を買う »