« シネマイレージカードを作る | トップページ | 映画『マイティーソー/ダークワールド』を観る »

Bluetooth対応ヘッドホン「AKG Y45BT」を買う

Akgy45bt03

 最近、ようやくiTunes Matchの使い方が分かってきたような気がします。以前のように同期の途中でハングアップする、みたいなこともないみたいですし。行き帰りに音楽を聴く機会も増えてきましたので、年間契約を更新しました。

 こうなると、いいヘッドホンがほしくなる。

 先日、KOSSのイヤーパッドを変えたのも原因の一つです。やっぱりイヤホンよりヘッドホンのほうが気持ちがいい。ただケーブルが邪魔なんですねえ…。こうなるとBluetoothがいいなあ。基本的に音質にはあんまりこだわらないもので(笑)。音質よりは柔軟性というか。もちろんケーブルがなかったとしても、KOSSを通勤で使ったら音漏れでまわりに迷惑をかけるだろうから、KOSSを使うわけにはいかないですし。

 というわけで、店頭でBluetoothヘッドホンをあれこれチェック。値段は1万円前後。でも安っぽいデザインのやつはイヤだなあとわがままなことを考えながら、あれこれチェックしていました。

 デザインがいいBluetooth対応ヘッドホンってみんな高いですね。それと大きい。大きすぎるのはちょっと恥ずかしいし、完全に耳を覆うのは外の音が聞こえなくなって不安なので、できればオンイヤーがいいなあ。ポイントは大きすぎず目立ちすぎずというところでしょうか。

 サイズ的にはJBLのE40BTがいい感じ。ただあのロゴが目立ちすぎるなあ。あと高い。

 JABRA MOVEWIRELESSは1万円以下と値段が手頃です。デザインも悪くない。

 コレに決まりかなと思っていたら、隣りにAKGのY45BTというモデルを発見してしまいました。うーん、デザイン的にはこっちが好みだなあ。小さく折りたためるのも携帯には便利そうです。ただ値段がJABRAより5000円高い。

 その後、AKGを視聴してみて、かけ心地の良さに心がグラ。今はなき石丸電気本店のヘッドホン売り場でKOSSのPorta Proを初めてかけたときをに思い出しました。

 ただアマゾンのレビューなどを見ると、「かけているとずれる」というコメントがいくつか。ずれるのはいやだなあ。その辺りが分からない以上、値段が5000円安いJABRAにすべきという気もします。

 さて、どうするか。

 結論はデザイン重視。持っていてうれしくないものならお金を出す必要はないと考えました。こういう考え方だからお金が貯まらないんですよね。

 というわけで、Y45BTを購入することに。

 視聴したのはビックカメラだったのですが、レジに行ったら、いきなり「絶品ヘッドホン」という雑誌を渡されて、「この500円の雑誌を買うと、1000円引きのクーポンが使えますので、そちらのほうがお得です」と言われました。「絶品ヘッドホン」はビックカメラで売っているヘッドホン本。無料配布かと思ったら500円という値段がついていたので強気だなあと思っていたんですよね。なるほど、21種類のクーポンがついているのか。いろいろなビジネスモデルがありますね。

Akgy45bt02

 パッケージはこんな感じです。

Akgy45bt01

 携帯用のケースも付属します。

Akgy45bt05

 こんな感じで収納します。

Akgy45bt06

──というわけで、購入してから2カ月ほど使ってみましたが、現時点ではかなり満足度は高いです。「かけているとずれる」という症状は、すくなくとも家と通勤中の電車で使っている限りは発生しません。歩きながら聞いていると確かにずれることはあるので、そのことを言っているのかもしれませんが、個人的には気にならない程度です。使い方によるのか、頭の形か、それとも性格的におおざっぱすぎるのか(笑)。

関連記事
●KOSSの『PORTA PRO』を再評価
●Porta Proのイヤーパッドが破れたので「ゼンハイザー HD414用イヤーパッド HD414PAD」を買ってみたら驚いた
●PORTA PROのイヤーパッドを買う

« シネマイレージカードを作る | トップページ | 映画『マイティーソー/ダークワールド』を観る »

デジタル機器・家電製品」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/60283184

この記事へのトラックバック一覧です: Bluetooth対応ヘッドホン「AKG Y45BT」を買う:

« シネマイレージカードを作る | トップページ | 映画『マイティーソー/ダークワールド』を観る »