« alumaniaの「EDGE LINE」を買う | トップページ | バッテリーテスター「MS128MS」を買う »

iPadで校正するためにNote Anytimeをダウンロードした

Note000

 今、メインで仕事をしている媒体では、著者に校正刷を送るとき、基本的にPDFにして送っています。

 こちらが送ったPDFにどう赤字を入れるかは、著者によってさまざまです。PDFにテキストデータを書き込んでくる人もいれば、手書きで赤字を入れる人もいるし、「何行目の○○を△△に」みたいに連絡をくださる人もいます。編集者としては、著者がやりやすければどれでもまったくかまわないのですが、どれがやりやすいのか、自分でもある程度早くしておく必要があるなとは常々思っていました。

 私がPDFに赤字を入れるのは月に1回。自分の媒体とは違う、ある月刊誌で執筆を担当している校正刷をチェックするときだけです。しかも、その進行がかなり厳しいので、担当編集には最悪の場合は著者校はいらないと言っています。無責任で申し訳ありませんが。

 それが今回、珍しく早めに校正刷が送られてきました。ちょうど週末にかかっていることもあり、赤字の入れ方を考えてみることにします。せっかくだから今ひとつ使いこなしていないiPad miniを使えると精神衛生にもいいのですが。

 そこで考えたのは、iPad miniにPDFを表示させ、そこに手書きで赤字を入れると言う方法。アナログとデジタルとの融合という感じで、イマドキっぽいんじゃないかと。

 まずはPDFに書き込めるアプリをどうするか、ですね。ちょっと調べてみたら、「Note Anytime」というソフトの評判がいいみたいです。というわけで無料版をダウンロードしてみました。

Note001

Note Anytime

 使い方も簡単でした。PDFファイルを選択して、右上のボタンから、「別のアプリを開く」を選びます。

Note002b

 で、次に「別のアプリで開く...」を選択。するとNoteでPDFが開きます。

Note003b

 上にある赤い鉛筆のアイコンをタップすると手書きできるようになります。

Note004b

 なるほど、使いやすいです。紙に赤字を入れるとき、「あ、スペースが足りない」なんて素人みたいなことを未だに思ったりするのですが、これなら消して書き直すことも簡単です。精神衛生上もいいなあ。

 テキストデータも入力できるようですが、長い文章を修正する時は、挿入位置を指定してテキストデータをメールで送った方がいい気もしますね。

 ただ、いろいろ試してみて、どうも文字の入力がうまくいきません。ピンチインやアウトをしながらやってみたのですが、筆記具が使いづらい。やっぱり3本1000円という安物じゃダメか。というわけで、ちょっと高めのスタイラスを買ってみることにします。前回の日記にも書きましたが、ホント、買い物は連鎖しますよね。

Note004

その他のiPad mini関連記事
iPad miniのスマートカバー(グリーン)を買い替える
●iPad mini用キーボードとしてBluetoothキーボード「Keys-To-Go」を買う
●Jot miniを買う
●iPad mini用にスマートカバーを買う
●iPad mini RetinaとLOOX Uを比較する
●iPad mini用にBluetoothキーボードを買う
●iPad mini Retinaを契約する

« alumaniaの「EDGE LINE」を買う | トップページ | バッテリーテスター「MS128MS」を買う »

ソフトウエア」カテゴリの記事

デジタル機器・家電製品」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/58776907

この記事へのトラックバック一覧です: iPadで校正するためにNote Anytimeをダウンロードした:

« alumaniaの「EDGE LINE」を買う | トップページ | バッテリーテスター「MS128MS」を買う »