« iPhone5s修理の過程で衝撃の事実が判明 | トップページ | 液晶ディスプレイ「U2412M」を買う »

iPhone5sを液晶回りを修理する

Iphoneclash401

 iPhone修理話、最終回です。

⚫︎自販機で買った飲み物を取ろうとして胸ポケットから落としたら液晶が表示されなくなった。
⚫︎紆余曲折を経て、クイックガレージに行った。
⚫︎3万円の出費を覚悟していたら、AppleCareに入っていることが発覚。7800円ですむことに。
⚫︎しかし、AppleCareに入っていないと思って正規店以外で液晶を交換したことがあるため、正規店でのサポートが一切受けられないことが判明←イマココ

 公式のサポートが受けられないことが判明したので、ガラス交換をしてもらった店に相談してみることにします。ただ携帯電話は使えないため、久しぶりに公衆電話を探すはめに。苦労して見つけたのですが、店の番号がフリーダイヤルだったので「この電話からは利用できません」(笑)。ああ、そうなんですね。しかたがないので、直接訪ねることにしました。

 小さなお店に入ってみると、先客が2人。ガラスが割れているみたいです。私の後にももう一人入ってきました。クイックガレージといい、すごい需要だなあ。これは利用者が増えたからなのか、それとも液晶がもろくなったからなのか。たぶん前者なんでしょうね。

 診断してもらうと「ハード自体は動いているみたいだから、液晶を表示するパーツの交換ですね」とのこと。値段は税別1万980円。AppleCareと3000円くらいしか違わないのか。というより、前回のガラス交換が税別1万1800円ですから、それより安いです。これは二度目だから?(笑)

 1時間30分後、一本ヒビが入った液晶も含めて、きれいな画面に復活。自動販売機の前で途方に暮れてから、約4時間で再び電話が使えるようになりました(まあ、この後、さらにiPhoneの環境を復元する時間が必要だったわけですが)。

Iphoneclash402

 ついでに液晶を衝撃から保護するというフィルムも貼ってもらいました。これが1000円。

Iphoneclash403

 アマゾンで調べてみると、サンクレストという会社の「衝撃自己吸収フィルム光沢」という商品でした。自己吸収ってかっこいいな(笑)。

 というわけで、今回かかった費用は、消費税を入れると総額1万2938円でした。

 それにしてもiPhone5sにしてから1年。修理費用が半端じゃありません。前回が1万2744円、今回が1万2938円。足すと2万5682円です。PDAを使い始めてから15年くらい経ちますが、修理が必要になった端末はこれが初めて。製品がもろくなったと言うより、それだけいつでもどこでも利用する存在になった、ということなんでしょうね。もしくは加齢のため、俺の手元が怪しくなったのかもしれない。

 何はともあれ、2か月で3回、損傷をもたらすような落下を経験した今、iPhone5sを落とすのはこれが最後とは思えません。次は致命的なことになるかもしれないので(そしてそのときはアップルの公式サポートを受けられないので)、頑丈なスマホケースを買おうかなという気になっています。スマホが大きくなるからできるだけケースは使いたくなかったのですが、背に腹は変えられないよなあ。

« iPhone5s修理の過程で衝撃の事実が判明 | トップページ | 液晶ディスプレイ「U2412M」を買う »

デジタル機器・家電製品」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/58642432

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone5sを液晶回りを修理する:

« iPhone5s修理の過程で衝撃の事実が判明 | トップページ | 液晶ディスプレイ「U2412M」を買う »