« 電卓で悩む | トップページ | 無線LAN親機&子機「WZR-300HP/U」を買う »

映画「ライアーゲーム -再生-」を観る

Lgr

女子大生シノウエのもとに突然1億円が送りつけられる。一緒に届いたDVDにはライアーゲームへ招待するという映像が録画されていた。開封した時点で参加意志を示したことになり、もし断ったら1億円は没収。さらに1億円のペナルティを課せられるという。困り果てた彼女は、大学で心理学を教える秋山を訪ねるが…

 漫画もテレビも前作の映画も見ていないんですが、世界観にどうもなじめないのはそのせいなんですかね。

 ゲームの参加者に、一攫千金を狙っている人と無理矢理連れてこられた人が混在しているのが、世界にハマれなかった理由かな。「損をしたくない」人と「大もうけしたい」人。それが混在するから、ストーリーに無理が出てくるわけで。

 「ライアーゲーム」って、てっきり、イノセントな主人公が、やむを得ない事情があって、一攫千金を狙う連中のゲームに自らの意志で参加する、という話だとばかり思っていました。違うんですか?

 あと、中で出てくる「009」的なセリフは、もう業界のルールとして禁止したほうがいいんじゃないかなあ。いや、マジで。「やっぱりここは、あれ、言わせちゃいます?」「そうですね、やっぱりあれしかないですよね(笑)」的な展開で入れたとしても、もう洒落にもなっていないと思うんですよ。

« 電卓で悩む | トップページ | 無線LAN親機&子機「WZR-300HP/U」を買う »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/53661288

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ライアーゲーム -再生-」を観る:

« 電卓で悩む | トップページ | 無線LAN親機&子機「WZR-300HP/U」を買う »