« 村上春樹の「大いなる眠り」を読む | トップページ | 新宿文化センターで高橋博子演奏の「浪漫派物語」を聴く »

Androidを携帯音楽プレーヤーとして使ってみる

Ando_music_00

 携帯音楽プレーヤーに関しては、ここ10年以上、アップル製品を使っています。iPod→iPhoneという流れですね。

 ただ、同じものを使い続けるのは視野を狭くする危険があります。音楽ぐらいは違うOSを使ってみるかと思い始めました。ただ新しいプレーヤーを買うお金はないので、以前手に入れたGalaxy Nexusを使ってみることにします。

 さて、どう使えばいいのか。そもそもどうやって音楽データをNexusにコピーするのか。

 とりあえずアプリを見てみると、音楽アプリとして「Playミュージック」が入っています。アプリを開くと、スティーリー・ダンのアルバムがひととおり表示されました。たぶん一度は方法を見つけたんだろうけど、まったく覚えていません。

Ando_music_01

 Nexusの中味がわかるエクスプローラーみたいなソフトはないのかなと思って、アプリを探してみます。「設定」の「ストレージ」はどうでしょう?

Ando_music_02

 なるほど、このスマホの合計容量は13.33GBで、空き容量は8.05GBなのか。そんな基本的なことを今さら再確認しました。音楽は「音声」というジャンルに含まれていて、3.11GB入っていることになっています。

「音声」を選択してみると、
「音楽トラックを選択」
「Bluetooth File Transfer」
「Dropbox」
 という項目が出てきました。

Ando_music_03

 なるほど、この辺を使ったんですね。

 これを見ているうちに、Dropboxにファイルをコピーして、そこからインストールしたような、記憶がうっすらとよみがえってきました。

「音楽トラックを選択」をタップしてみる。と、スマホに入っているらしい曲名がずらり。スティーリー・ダンです。さて、ここにまとめてファイルを加えるにはどうすればいいのか。

 一番シンプルに考えられるのは、ストレージとして認識させて、そこにパソコンからコピーすることですよね。

 音楽データを管理しているマックにNexusを接続してみます。

 充電は始まるけれど、ストレージとしては認識してくれない。これはAndroidの問題? それともNexusの問題?

 しかたがないので、Nexusで聴きたい音楽ファイルを、WindowsのLOOX RXへコピーします。そして、そちらにNexusを接続してストレージとして認識させました。

Ando_music_04

 階層を下りていって、Musicフォルダを開きます。スティーリー・ダンがありました。

Ando_music_05_2

 そこに音楽ファイルをまとめてコピーします。面倒くさいのでフォルダごとコピーしちゃいました。

 さて、「Playミュージック」を開いてみると、追加したアルバム類がきちんと表示されました。

 やっぱり手間がかかるなあ。

 でも、今取材をしている企画でさまざまな人から「多様性がないと行けない」「一極集中はあぶない」という話を聞いているんですよね。スマホもそうかもしれない。というわけで、音楽はAndroidでしばらく聴いてみることにします。

« 村上春樹の「大いなる眠り」を読む | トップページ | 新宿文化センターで高橋博子演奏の「浪漫派物語」を聴く »

デジタル機器・家電製品」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/50756768

この記事へのトラックバック一覧です: Androidを携帯音楽プレーヤーとして使ってみる:

« 村上春樹の「大いなる眠り」を読む | トップページ | 新宿文化センターで高橋博子演奏の「浪漫派物語」を聴く »