« ダナーライトを買う | トップページ | 9800円の「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 II」は失敗だった? »

「LUMIX DMC-GF1」をただで手に入れる

Gf102

 昨年、仕事で観光地へ出かけることが多かったのですが、そこで実感したのはミラーレス一眼の人気。家族連れはみんな持ってますね。これは触ってみないといけない。ただしお金はない(笑)。

 できるだけ安く体験するにはどうすればいいか。やっぱり中古で買うか。

──なんて話を飲み会で話していたら、年下の知り合いが「レンズなしでいいならGF1を差し上げますよ」。新しいカメラを買ったのでもう使ってないそうです。裕福だなあ。ありがたく譲っていただくことにしました。お礼は飲み代を何回かおごると言うことで(笑)。

 「LUMIX DMC-GF1」の発売は2009年9月2日。約3年前のモデルですが、まったく問題なし。画素数的に見ても1210万画素というのは、仕事でバリバリ使っているEOS 40Dが1010万画素ですから、それよりも上。実際、40Dでも画質的に困ったことがないんですよね。

Gf101

 さて、次はレンズです。

 前回デジタル一眼レフを購入したとき、「カメラ選びはレンズ中心で」と決めました。となると、ミラーレス一眼用のレンズもいいやつがほしくなります。

 パナソニックの12-35mm/F2.8というズームがいいですねえ。

 でも価格は10万円クラス。かなり高いです。でも中途半端な価格のズームを買って後悔するよりはいいか。でも高い。

 なんて迷っていたのですが、よく考えたら当初の目的は「できるだけ安くミラーレス一眼を体験したい」だったことを思い出しました。そうなれば買うべきは中古レンズの一番安いやつのはず。

 というわけで会社帰りに新宿のマップカメラへ。8800円というオリンパスのレンズがあったので、「これをください」と店員さんに声をかけます。

 ただ隣にあるレンズが、微妙に形が違うことに気がつきました。

 8800円のレンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6」。隣にあるのは「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 II」というレンズで9800円。「II」ということは新しいモデルということでしょう。1000円の差ならここは新しい方かな、と考え「II」のほうを購入。

 さあ、これでミラーレスを体験してみますよ。

──なんて話を飲み会でしていたら、デジタル系媒体の友人から「それじゃダメですよ」と言われてしまいました。新年早々、おかしな買い物をしてしまったみたいです。なぜかというと…(続きますw

その他のLUMIX DMC-GF1関連記事
●LUMIX DMC-GF1が修理から戻ってきた
●LUMIX DMC-GF1の修理費用が出た
●LUMIX DMC-GF1を修理に出す
●オリンパスの「PEN Lite E-PL6 ダブルズームキット ブラック」を買う
●中古レンズを売り払い、Panasonic 20mmF1.7を買う

« ダナーライトを買う | トップページ | 9800円の「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 II」は失敗だった? »

デジタル機器・家電製品」カテゴリの記事

写真関連」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/48611060

この記事へのトラックバック一覧です: 「LUMIX DMC-GF1」をただで手に入れる:

« ダナーライトを買う | トップページ | 9800円の「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 II」は失敗だった? »