« ICDーSX30が壊れたのでICD-TX50を買う | トップページ | 適当に学習漫画を買ってみる »

新しいICレコーダーにICD-TX50を選んだ理由

Retx50201

 先日、購入したICレコーダー、ICD-TX50を開けてみました。中に入っているのは本体とケース、microUSBのケーブルにヘッドホン。あとマニュアルと簡易マニュアルも入っていました。

Retx50202

 本体は薄いです。
Retx50203

 これまで使っていたSX30と並べてみました。
Retx50204

 幅は広いですが、それ以外はコンパクトになっています。いろいろとICレコーダーを調べてわかったのですが、SX30より小型のモデルってTX50しかないんですよね。この手の製品はどんどん小型化していくものだとばかり思っていたので、ちょっと意外でした。

 ただもっと長い目で見るとデジタルレコーダーはかなり小型化しています。1990年に発売されたポータブルDATレコーダー、TCD-D3と比べてみると、一目瞭然。って長い目すぎましたかね(笑)。
Retx50205

 以前にも書いていますが、新しいICレコーダーにソニーのICD-TX50を選んだのは、以下のような理由からでした。

1)毎日持ち歩いているMacbook Airで使える

 付属ソフトはWindowsにしか対応していないそうですが、Macでも外部ストレージとして認識されるそうです。記録形式はMP3なので、それをiTunes経由でiPhoneに転送すれば問題ありません。

2)軽い
 これまで使っていたICD-SX30が64g。カバンの中味が増えつつある今、重くなるのは避けたいところ。TX50は50gなので、14gの軽量化が図れます。

3)(比較的)安い
 評判はオリンパスの上位機種のほうがいいのですが、大きい上に、値段が高い。仕事道具なので「価格<信頼性」と行きたいところですが、ある意味「消耗品」でもあるので、1万円程度に抑えたいところです。

4)見ためが安っぽくない
 仕事道具とはいえ、いや、頻繁に使う仕事道具だからこそ、できれば使う度に「格好いいなあ」と思える外観、質感が欲しいです。

 以上の4条件からTX50を選びました。

 どちらにしようかと思って悩んだのはオリンパスのLS7です。こちらの質感はかなり高く、持つ喜びは感じられそうです。Macでも使えます。ただSX30に比べると大きく重い(90g)。TX50と比較していたときの価格は2万円以上でした。今(2012年8月1日現在)調べたら1万8500円でしたが、それでも高いですよね。

 仕事用というとみなさん、DS800を薦めるのですが、こちらは質感が今ひとつ(ブルーは悪くないかなとも思いましたが)。値段も1万7700万円。重さも86gとSX30より重めです。

 質感がよくて、軽くて、そして価格が安ければ、やっぱり選んでしまいますよね。
録音性能はオリンパスのほうがいいかもしれませんが、1万円と1万7000円という価格を考えると、じゃあ、1.7倍の性能差があるのか、と。個人的にはICD-SX30の録音性能に不満をもったことがなかったので、大丈夫ではないかと思っています。

 さて実際に使ってみるとどうなんでしょうか。

« ICDーSX30が壊れたのでICD-TX50を買う | トップページ | 適当に学習漫画を買ってみる »

ICレコーダー」カテゴリの記事

デジタル機器・家電製品」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/46537034

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいICレコーダーにICD-TX50を選んだ理由:

« ICDーSX30が壊れたのでICD-TX50を買う | トップページ | 適当に学習漫画を買ってみる »