« 映画『ツリー・オブ・ライフ』を見る | トップページ | TUMIの「ALPHAエクスパンダブル・オーガナイザー・コンピューター・ブリーフブラック」を出張に持っていってわかったこと »

PHOTOfunSTUDIO 6.1 HD Liteで保存した動画をマックで見る

 昨年、グアムに行ったとき、借り物のLUMIX FT3で動画を撮影したのですが、LOOX R/A70だと「パワー不足」という悲しいアラートが出てしまいます。そこでMacbook Airで再生してみることにしました。

 LUMIXで撮影した動画は、付属ソフトの「PHOTOfunSTUDIO 6.1 HD Lite」で読み込みました。こういうハードウェアに依存したソフトはできるだけ使いたくないんですけどね。出来不出来ではなく、ハードウェアを買い換えるときの足かせになりかねないからです。まあ、メーカーもそれを狙っているわけですが。

 とはいえ、借り物のLUMIXだったので、動画を他のソフトで取りこむ方法までは調べる時間はなく、付属ソフトを使ってデータを読み込んだのでした。使ったのはその1回だけ。当然使い方は理解できていません。なにしろソフト名すら覚えていなかったのですから(笑)。スタートメニューから「すべてのプログラム」を選んで、その下に「Panasonic」というフォルダがあったので、たぶんそれだろうと当たりをつけ、フォルダの中にあるPHOTOfunSTUDIO 6.1 HD Liteを起動してみると、グアムで撮影した動画が出てきました。

 このソフトで取りこんだファイルを見ると、同じファイル名だけど拡張子が違うバージョンが4つできています。「cont」「pmpd」「tmb」「m2ts」です。

 よくわからないけれど、とりあえずファイルをMacにコピーして、1つ1つクリックしてみます。再生されません。まあ、当然ですよね。

 PHOTOfunSTUDIO 6.1 HD Liteをマジメに見てみます。

 編集のところで、MPEG2に変換するメニューがあります。これで変換しました。

 そしてMacにコピーして、クリックします。再生されません。

 ああ、そうですよね。MPEG2はQuickTimeで再生できないんでした。なにかプラグインを入れないといけないんですよね。

 プラグインか何だったか、調べる時間がないので、VLCをダウンロードしてインストールしました。

 これで再生できました。R/A70に比べると、段違いにスムーズです。

 さあ、次は簡単な編集へ進みたいところ。YouTubeにアップされている動画を見ると、楽しそうで、自分もやりたいと思っていました。ただ、動画に関する知識が著しく不足しているんですよね。ソフト、どうしよう。貧乏なんで、できればフリーソフトですませたいんですが、知識がない分野に挑戦するときは、その世界の標準ソフトにしたほうがわかりやすいのも事実。フリーソフトであれこれやっているうちにイヤになっちゃったりするんですよねえ。

 さて、どうしましょうか。

 そもそもMPEG2に変換しなくてもMacで再生できる方法があるんじゃないかという気もします。まあ、データは全部残してあるので、時間があるときにでも調べてみましょう。

 そういえば、LUMIXのGPS搭載防水モデルも新モデルFT4が発表されましたね。GPSまわりはどのくらい改善しているんだろう?

 現時点でのアマゾン価格が約3万5000円。

 モデル末期のFT3の価格がだいたい2万5000円ですか。

 今年こそGPS搭載防水コンデジがほしいんですけどね。
【GPS機能付き防水デジカメが欲しい】

« 映画『ツリー・オブ・ライフ』を見る | トップページ | TUMIの「ALPHAエクスパンダブル・オーガナイザー・コンピューター・ブリーフブラック」を出張に持っていってわかったこと »

ソフトウエア」カテゴリの記事

デジタル機器・家電製品」カテゴリの記事

写真関連」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/44511689

この記事へのトラックバック一覧です: PHOTOfunSTUDIO 6.1 HD Liteで保存した動画をマックで見る:

« 映画『ツリー・オブ・ライフ』を見る | トップページ | TUMIの「ALPHAエクスパンダブル・オーガナイザー・コンピューター・ブリーフブラック」を出張に持っていってわかったこと »