« 映画『ファースター 怒りの銃弾』を見る | トップページ | VIERA用USB無線LANアダプター「WLI-UV-AG300P」を買う »

PRISMOIDからiPhoneへ電話帳をコピーする

Priaphone

 先日、購入したau版のiPhoneの話です。

 PRISMOIDからiPhoneへ移行するに当たって、電話帳のバックアップをしていませんでした。既存のサービスは使えない、と思いこんでいたんですね。ところが、移行が済んで端末を渡されたとき、店員さんがご丁寧に「電話帳はau oneでバックアップされていますか?」と確認してくれました。あ、au one、利用できたんですか。知りませんでした(笑)。

 まあ、時すでに遅し。仕方がないので、データをマイクロSDにコピーして、読み込むことにします。手順は「電話帳」を呼び出し、「メニュー」→「microSDへコピー」→「全件コピー」です。

 ただこの時点でデータはVcard形式なので、これをCSVに変換する必要があります。

 さっそく「vcard csv 変換」で検索してみました。その結果、「携帯アドレスデータCSV変換」というフリーソフトにたどり着いたので、さっそくインストールして実行。これでCSVに変換されました。

【携帯アドレスデータCSV変換】

 iPhoneをMacに接続してiTunesの「情報」にある「アドレスブックの連絡先を同期」を見てみると、連絡先は「Yahoo!アドレスブック」と「Google」から持ってくることができるようです。
Adressbook

 Googleの連絡先というのを意識したことはなかったのですが、Gmailでいろいろと使っていることを考えると、何かがあったときのダメージが大きそう。一方、Yahoo!はまったく使っていないので、何があっても被害は最小限。そう考え、Yahoo!にCSVファイルを読み込ませます。

……ですが、ブラウザに表示される連絡先が全然増えません。試しに手作業でアドレス1つを打ち込んでみると、それはリストに残りました。つまりCSVファイルがインポートされていないということですね。

 もしかしたら、フィールド名が英語でないとダメなのかな。というわけで、ヘルプを見ます。「Yahoo!アドレスブックが対応しているデータ項目」という欄に、「Yahoo!アドレスブックが対応していないデータ項目についてはインポートできません」という一文がありました。その下にある「Yahoo!アドレスブックが対応しているデータ項目」を見ると、やっぱり英語じゃないとだめのようです。
Yahoo_adress

 そこを修正してみると、うまく読み込めました。

 次にYahoo!のアドレスをiTunesで読み込みます。が、今度もうまくいきません。なぜだろう。

 ここは試しに、グーグルの連絡先に入れてみます。グーグルに連絡先にCSVファイルをインポート。そしてグーグル経由でiTunesに読み込むと、うまく入りました。とりあえず目的達成です。

 ただし「名前+会社名」で記録していた人たちが、みんな「会社名+名前」になっています。フィールド名を書き換えるときに間違えたみたいですね。というか、基本的に携帯電話にかかってきたらそのときに思いついた名前で電話帳に追加していたので、元のデータベース自体がいい加減だったようで。

 iPhone上で修正するのは面倒なので、マックの「アドレス帳」を使って、ちまちま編集していきました。結局iPhoneで電話帳がきちんと使えるようになるまで、半日を費やすことに。

 やっぱり、こういう大事なリストは、機種依存やキャリア任せにせず、外部にしっかりと保存しておくこと、そして定期的に整理しておくことが大切だと、今更のように実感しました。でも、それが面倒なんですよね(笑)。

« 映画『ファースター 怒りの銃弾』を見る | トップページ | VIERA用USB無線LANアダプター「WLI-UV-AG300P」を買う »

デジタル機器・家電製品」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/42865255

この記事へのトラックバック一覧です: PRISMOIDからiPhoneへ電話帳をコピーする:

« 映画『ファースター 怒りの銃弾』を見る | トップページ | VIERA用USB無線LANアダプター「WLI-UV-AG300P」を買う »