« Yankoのローファーをストレッチングに出す | トップページ | とりあえずMacBook Airを買うことにした »

映画『アンノウン』を見る

Unknown

 学会に出席する為、妻と一緒にドイツを訪れた主人公。ホテルにチェックインする直前に、鞄を空港に忘れたことに気づいた彼は、妻を残してタクシーで空港に向かう。だが途中で交通事故に巻き込まれ、目覚めたのは4日後。あわてて妻に連絡を取ろうとするが、事故のせいか、ホテルの名前を思い出せない。だがテレビで学会のニュースを見た彼はホテルを思い出し、医者の言葉も聞かずに強引に退院する。ホテルで妻に声をかけるが、彼女は彼のことを「知らない」という。そして彼女の横には彼と同じ名前の夫がいた。

 ある日突然、周りの人が自分のことを知らないと言い始める──現実では聞いたことがありませんが、サスペンスものでは、それなりによくある設定です。そこをいかに上手に収めるかが演出側の腕の見せ所。この作品は映画的にうまく収めていると思います。

 リーアム・ニーソンはスタイルがいいので、サスペンス&アクションは映えますね。『96時間』より勢いはないけど、驚きはあった、という感じでしょうか。ある意味、古典的ではあります。

« Yankoのローファーをストレッチングに出す | トップページ | とりあえずMacBook Airを買うことにした »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/43148259

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『アンノウン』を見る:

« Yankoのローファーをストレッチングに出す | トップページ | とりあえずMacBook Airを買うことにした »