« 星野之宣の『星を継ぐもの』を読む | トップページ | IXOの「ルノー・メガーヌ」を買う »

dynabook TX/850LSのメモリーを増設する

000

 母親にiPadを使わせようと思っています。独りになって以来、滅多にノートパソコンを開かないようで。まあ、ケータイメールはマメに使っているので、連絡には困らないのですが、新しいものの使い方を覚えるのは悪いことじゃないかと。また個人的に昭和一桁の高齢者がiPadをどう使うのか(または使わないのか)を知りたいという面もあります。

 その第一歩として、まず母親のノートパソコンを実家から預かってきました。どうせ使っていないのなら、こちらでiPadとつなぎ、しっかり環境を整えてから母親に渡そうという算段です。

 さっそく起動させますが、いや、これが遅い。

 モデルは東芝のTX/850LSという機種です。2006年夏モデル。OSはWindowsXP。CPUはCeleron M 370(1.5Ghz)。メモリーは512MBです。

 レジストリを掃除して、XPの余分な機能も停止させたのですが、状況は大きく変わらず。なんだか意地になってきて、メモリーを増設することにしました。

 カカクコムを見ると信じられないような価格が表示されます。

 アマゾンでも検索してみます。kingstonの「KVR533D2S4/1G」が1386円。1386円! 1GBのノート用メモリーが1500円以下ですか。すごい時代です。

 kingstonといえば、15年前くらいにソフトバンクが買収した企業ですよね。今はどうなっているんだろう。

 そんなことはさておき、メモリーをさっそく購入。翌日には届きました。
001

 さあ、増設作業です。

 TXの背面を見てみます。たぶん中央にあるパネルの下にメモリースロットがあるんでしょうね。パネルを止めているのは、ネジ1本だけのようです。
002b

そのネジを外して、パネルを取ろうとするのですが……うまく外れません。たぶんちょっと力を入れれば外れるんでしょうが、もし間違っていたりすると面倒だなあ。パネルの固定フックが折れちゃったりするかもしれないし。

 そこで「TX/850LS メモリー増設」という単語で、ネットを検索してみます。だれか手順をアップしている人がいないかと考えたからです。ところが予想外の展開。東芝のサイトにパネルの外し方が書いてあるじゃないですか。

 増設メモリの取り付け方/取りはずし方<dynabook TX/8シリーズ>

 そうか、そういう時代なんですね。東芝に限らず、昔のメーカーは「そんなことしたら保証しませんよ」みたいな態度だったのに。

 メーカーのマニュアルを信じて、ネジを外して、力を入れてパネルを外します。外れました。フックも折れてません。

 メモリーのスロットが見えました。1つが埋まっていて、もう一つが空いています。赤い線で囲んであるほうですね。
003

 空いているほうの予備スロットに購入した1GBのメモリーを差し込みます。
004

 OSを立ち上げて「システムのプロパティ」を見ます。「490MB RAM」。あれれ。

 念のためにBIOSをのぞいてみます。BIOSなんて見たの、いつ以来でしょう。というか「BIOS」なんて単語を打ったのは何年ぶりでしょう。

 BIOSで見ても、メモリー容量は増えていません。さて、どうしましょう。
005

 最初から入っていたメモリーを外して、そのスロットに1GBのメモリーを差してみます。でBIOSをチェック。するとメモリー容量が「980922KB」に増えていました。よしよし。メモリーの初期不良ではありませんでした。
006

 予備スロットに古い512MBのメモリーを差し、起動してみます。さて、BIOSのメモリー容量を見てみると……「980922KB」のままでした。

 念のためにOSを立ち上げて、確認してみます。やっぱり表示は960MBでした。

 さてと。

 もう少しメーカーのページを見てみることにします。すると、ここにこんな注意書きがありました。

あらかじめ1スロットに512MBのメモリが装着されています。2GBに拡張するためには、あらかじめ装着されている512MBのメモリを取り外し、1GBのメモリ(オプション)を2枚装着してください。取り付けることのできるメモリ容量は、2つのスロットを合わせて最大2GBまでです。

 明記されていませんが、「1GBのメモリ(オプション)を2枚装着してください」ということは、2枚差す場合は、同じ容量じゃないと片方しか認識しない、ということも意味しているのかもしれませんね。そう言えば、「同容量を2枚差す必要がある」というのはメモリー増設の定型句でした。すっかり忘れてました。

 1GBでもいいかと思ったのですが、値段が値段なので、再び注文。送料無料だからつい買っちゃいますね。アマゾンの思惑通りだなあ(笑)。

 翌日届いた1GBのメモリーを予備スロットに差します。
007

 きちんと認識。メモリーが2GBになりました。
008

 家にいながら2GBのメモリーが2772円で手に入る時代。すばらしいですね。

 さてiPadを買ってこよう。

« 星野之宣の『星を継ぐもの』を読む | トップページ | IXOの「ルノー・メガーヌ」を買う »

PC/Mac」カテゴリの記事

デジタル機器・家電製品」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/41479383

この記事へのトラックバック一覧です: dynabook TX/850LSのメモリーを増設する:

« 星野之宣の『星を継ぐもの』を読む | トップページ | IXOの「ルノー・メガーヌ」を買う »