« USB扇風機「USBFAN Comfotable Wind」を買う | トップページ | 大前研一の『日本復興計画』を読む »

小型スピーカーが欲しいので、とりあえずの覚え書き

 自分の部屋にはスピーカーが3セットあります。部屋を掃除していて、そのうちの1つを捨てようと思いました。今使っているアンプのスピーカー出力は2系統。3つあっても1つは使ってないんです。5.1chにする気も今はありませんし。

 さてどれを捨てるか、ですが、正直、どれも大したスピーカーじゃありません。ミニコンポについていたのが1つ、1セット2万円くらいで買ったのが1つ、知り合いが引っ越すときにいらないからともらったのが1つ。とりあえずミニコンポについていた「UX-B1」というスピーカーを捨てることにします。

 できれば残り2つのスピーカーの代わりに、きちんとした小型スピーカーが欲しいところです。というわけで、宝くじが当たったときのために、どんなスピーカーがいいのか、ちょっと調べておくことにします。予算は5万円台まで、ということで。

 で、小型の定義ですが、雑誌「ステレオ」2010年9月号の「さりげなくいい音を」という特集の中に「『省スペース』と『いい音』このスピーカーで一挙両得」という記事がありました。ここで取り上げているのは「横幅がおおよそ15cm程度以内のもの」です。これを基準にすることにします。

 この雑誌で取り上げられているのは、以下のようなものでした。

モニターオーディオ Vector10(2万7300円)
01vector10

オーディオプロ Black Ruby(5万400円)
02blackruby

アンソニーギャロ MICRO SATELLITE(5万4600円)
03micro_satellite

タンジェント EVO-E5(6万900円)
04evo05

 価格は雑誌に掲載されていたもので、ペアの値段です。

 アンソニーギャロの「MICRO SATELLITE」は球体のスピーカーなので、ちょっと違うかなあ。価格的にはオーディオプロの「Black Ruby」が気になります。

 レビューを書いている鈴木裕さんによれば「基本的に中域重視の音だが、トゥイーターの存在感が勝っていて、エッジの立った音を出してくる。ヴァイオリンは実際のソフトよりもやや華やかに聴こえるがライブでの拍手は肉質感があって好ましい。クラプトンのザラッとした声の質感の表現も上手」だそうです。

 Vector10とEVO-E5はアマゾンで見つけました。

 あと、小型といえばB&W。予算枠で選ぶなら、
B&W 685
05_685b

B&W 686
06_686

 あたりですかね。これもアマゾンで買えるのか。

 なんてアマゾンで調べていたら、このJBLのスピーカーもオススメされちゃいました。
CONTROL1 Xterme
07jbl

 これ、いい感じですね。特に値段がw

 もちろんすぐには買いませんけど。そもそも、実を言うと、最近、アンプの調子が……(泥沼w)

« USB扇風機「USBFAN Comfotable Wind」を買う | トップページ | 大前研一の『日本復興計画』を読む »

デジタル機器・家電製品」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/40638899

この記事へのトラックバック一覧です: 小型スピーカーが欲しいので、とりあえずの覚え書き:

« USB扇風機「USBFAN Comfotable Wind」を買う | トップページ | 大前研一の『日本復興計画』を読む »