« ラジオ「ICF-51」を買う | トップページ | 映画『スペースバトルシップ ヤマト』を観る »

Snow Leopardを買ってインストールする

 2011年1月現在のPC環境は、メインがMac mini(2008年4月導入)です。で、Windowsが必要なときに備えてFMV-BIBLO LOOX R/A70(2008年7月導入)を半ば据え置きで使っています。持ち歩いているのはXPにダウングレードしたFMV-BIBLO LOOX U50X/V(2007年11月導入)

 用途別にみるとこんな感じになります。
●Mac mini:ネット関連、原稿書き、写真整理、音楽関連
●LOOX R70;オフィスソフトを処理する場合、フォトショップ処理、音楽のアナデジ、出張時のモバイル
●LOOX U50;日常のモバイル

 仕事量的にはMac miniがダントツですね。

 仕事を任せすぎたのか、Mac miniが最近、考え込むケースが増えてきています。ちょっとアプリを切り替えるだけで、固まってしまい、しばらく何も出来ないというパターンです。たぶんOSをクリーンインストールすればいいんでしょうが、マックはやりかたがよくわからないんですよ。そもそもOSのディスクがどこにあるのか思い出せないし(笑)。

 と、そんなときに、「OSをSnow Leopardにアップグレードしたら快適になった」という知人の話を思い出しました。

「でもOSを買うほどお金ないしなあ」と思いながらも、アマゾンで値段を調べてみました。そうしたら3150円。値段、安いんですね。これは買ってもいいかな。と数秒迷って、次の瞬間、クリックしていました(笑)。

 アマゾンなので翌日到着。さっそくインストールします。

 ケースはシンプル。どこからあけていいのか迷って、結局、箱の裏面をびりびりとはがしちゃいました。で、外箱を壊してから、上が開くことに気づくという、よくあるパターンです。
Snowleopard01

 中に入っているのは簡単なインストールディスクと簡単なマニュアル、それにアップルのシール。あとはサポートの内容と連絡先。
Snowleopard02

 何も考えず、何も読まず、インストールディスクを挿入。出てきたメニューからインストールを選びます。

 18時28分にインストールをスタート。OSのインストールを始めるときに、ついこうやって時間を計ってしまうのは、元パソコン誌編集者の血ですかね。

 最初「残り時間約45分」と表示されたのですが、すぐに「約59分」に変更されました。「あ、マックミニなんですね。じゃあ、そんなに早くは終わりませんよ」とSnow Leopardにバカにされた気分。もちろん被害妄想です。

 10分経過。残り時間は「約51分」。ただただ「インストール中」という画面が出ているだけでおもしろみはありません。昔のWindowsは、ここに「こんな機能があります」というPRが出てきたのですが、Snow Leopardにそんな山っ気はないようです。最新のWindows7はどうなんでしょう。

 とりあえず残り時間が「約49分」の時点で写真を撮ってみました。
Snowleopard03
 なつかしいな、こういう作業。

 18時44分、残り「約46分」という時点で、一度再起動がかかりました。このタイミングで、外し忘れていたiPhoneを取り外しました。外付けHDDとかも外したほうがよかったかもとも思い出しましたが、まあ、後の祭りです。

 再起動後、グレーバックにちょっと濃い灰色のアップルマークが出て、18時47分に、画面が元に戻りました。この時点での残り時間は「約43分」。

 その直後、残り時間が「約43分」から一気に「約33分」へ短縮されました。

 18時48分、スタートから20分で残り時間は「約32分」。

 することもないので画面をじっくりと眺めてみます。表示されている文字が「インストール中」から「Mac OS Xインストール」に変わっていることに気づきました。上のツールバーも右下にあった「終了」ボタンも消えています。もう後戻りはできないということですかね。
Snowleopard04

 18時58分。30分経過。残り時間は「約27分」。

 19時8分。40分経過。残り時間は「約15分」。
Snowleopard05

 ツールバーの右端に英語モードのアイコンが出ていることに気づきました。
Snowleopard06

 開始から45分で、いよいよ残り時間が「約10分」に。
Snowleopard07

 19時18分で残り時間は「約6分」。
Snowleopard08

 19時23分で残り時間「約2分」。
Snowleopard09

 19時25分で「約1分」。終了間近──
Snowleopard10

──そう思ったら、19時27分に表示が変わり「1分未満」。そうくるか(笑)。
Snowleopard11

 インストール開始から1時間経った19時28分でも「1分未満」のままです。当初の予定だった59分でも終わりませんでした。

 19時30分でも「1分未満」。

 19時33分、インストールを始めて1時間5分で、ついに「完了しました」という文字が現れました。
Snowleopard12

「インストールに成功しました」という画面が出て、再起動。
Snowleopard13

 19時28分にデモビデオが再生されました。ここまでがインストールだとすると、所用時間は約1時間10分というところですかね。

 次に「ご登録ありがとうございました」という画面が出てきましたけど、登録って何を意味するのか、よくわかっていません。
Snowleopard14

 さて、動作はどうなるのでしょうか?

 数日使ってみたのですが、動作に関しては、ちょっと軽くなったかな、という感じですかね。やっぱりメモリーを足さないと厳しいかな。

 ただ、インストールした翌日にMac App Storeがスタートしたので、そういう意味では、我ながらいいタイミングだったな、と自画自賛。実は、スタートするのは知っていたのですが、対応OSがSnow Leopard限定だとは思ってなかったので、ラッキーでした。
Snowleopard15

 とはいえ、当面利用するつもりはないんですけどね。

« ラジオ「ICF-51」を買う | トップページ | 映画『スペースバトルシップ ヤマト』を観る »

ソフトウエア」カテゴリの記事

デジタル機器・家電製品」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/38412753

この記事へのトラックバック一覧です: Snow Leopardを買ってインストールする:

« ラジオ「ICF-51」を買う | トップページ | 映画『スペースバトルシップ ヤマト』を観る »