« 「AF-540FGZ」を買う | トップページ | 無敵屋で辛つけ麺を食べる »

60Dと7Dのどちらを買うか悩んでいたのに、買ったのは40Dだったという話

 前の日記の続きです。ストロボ「AF-540FGZ」をK10Dで使いこなすぞ、と決心したところまで書いたのですが、その直後、K10Dが壊れてしまいました。

 前の日は普通に動いていたのですが、翌朝、電源を入れてみると「SDカードが異常です」というアラートが出ます。

 あわてて近くのコンビニに走り、4GBのSDカードを買ってきました。コンビニで4GBのSDカードが買えるとはいい時代ですねえ。しかも値段は2480円。安い。

 ところが、このカードを入れても「SDカードが異常です」というアラートが出ます。いやな予感を抱きながら、異常だと言われたカードをPCに入れてみると、どちらもきちんと認識されます。

 つまりはカメラの故障ということのようです。いや、焦りました。今まで経験したことのないくらいです。これに比較できるとしたら、マドリッドで、取材前日の夜、通訳から「明日、行けなくなったので自力で取材してください」と電話が来たとき以来でしょうか。

 そんなに焦った理由は2つ。1つはその日の仕事にK10Dを使う予定だったこと。2つめはそれが出張先のホテルで発覚したこと。しかも約束の時間まで15分を切っていました。

 さて、どうしたか、というと、知人に助けてもらいました。知人の知り合いのカメラ屋さんに代替機を借りることでなんとか切り抜けたのです。本当に自分は周りの人たちに支えられている人間だと痛感しながら帰郷。翌日、修理へ出しました。

 ちなみに借りたのはEOS Kiss。最新機種じゃなかったですが、いや、きれいに写りますねえ。デジカメの進歩は早いと実感しました。

 さて、壊れたK10Dですが、修理に出した数日後、修理費の見積もりの電話がかかってきました。見積もりはなんと5万円。向こうの前置きも「かなり高いんですが」。そりゃそうだよなあ。

 最近、取材をするときに撮影まで担当する仕事が増えているので、デジタル一眼レフカメラがないと困ります。でも5万円かけて古いカメラを直すなら、新しいカメラを買ったほうが精神的に絶対楽しい。

 というわけで、新しいカメラを買うことにしました。

 そうなると今度の問題は「何を買うか」です。

 一番順当なのは、K10Dと同じペンタックスを選ぶという方法。ただこれにはちょっと抵抗がありました。

 K10Dを買ったときの日記にも書きましたが、銀塩時代はEOSを使っていました。で今回、代替機としてEOS Kissを使ってみて、自分にはEOSのほうが合っているなと感じていたのです。

 幸い(?)、ペンタックスの資産はそれほど増えていません。レンズ2本に、使いこなしてないストロボ(笑)。レンズはDA18-55mm ALと、シグマの18-200mmです。両方とも広角側は18mm。実は仕事用にもう少し広角のレンズがほしいと思っていたところでした。もし広角に強い標準ズームを新たに買うとしたら、ただでさえ2本しか持っていないレンズの優位性はそれほどないということになります。

 というわけで、これを機会に、カメラをEOSに変更することにしました。後生大事に銀塩のEOS-1とEOS-5を取っていたりするので、一眼レフ関係は銀塩とデジタルでメーカーが統一されます。資産が実際に使えるのかどうかは別問題ですが。

 さてブランドはEOSに決まった。次はどの機種を買うかです。

 キヤノンのサイトに見ると、現時点のラインアップは以下のようになっています。

EOS-1DS MarkIII
EOS-1D MarkIV
EOS 5D
EOS 7D
EOS 60D
EOS 50D
EOS Kiss X4
EOS Kiss X3
(2010年12月1日現在)

 5D以上は明らかに予算オーバー。50DとKiss X3は店頭にありませんでした。となると、候補は7D、60D、Kiss X4。どれも1800万画素です。ただどうせキヤノンにするなら、背面はダイヤルのモデルがほしいところ。となると、選択肢は60Dまたは7Dになります。

 アマゾンで価格を見てました。

 12月初旬の段階で60D本体の価格は6万7100円。

(値段、変わってますね)

 一方、7Dの本体価格は10万6800円でした。

 価格差は約4万円。けっこうあります。

 このあたりの仕事から離れてけっこう経つので、もう違いがよくわかりません。そこでデジタル系のニュースサイトでデジカメを担当している元同僚に、どちらがいいかと聴いてみました。返事は「この値段差なら、60Dを買って、差額をレンズやアクセサリーに充てた方がいいですよ」。お、意外。基本的に「買うなら上位機種を選べ」という人間なんですが。

 実際に店頭で触ってみました。60Dに比べると7Dはかなり重く感じます。趣味で選ぶなら質感は重要ですが、仕事になると質感より携帯性が大切になってきます。

 60Dは背面液晶がバリアングルなのも気に入りました。カメラ一台で行う取材撮影では、バリアングルでよかったという事態は数多く存在します。そのあたりはサイバーショットF828を使っていた時代に何度も体験していたりするわけで。

 以上のような理由で本体は60Dに決定しました。

 次はレンズ選びです。

 前にも書きましたが、今欲しいのは35mm換算で24mmから始まるレンズ。60Dは焦点距離が1.6倍になりますから、ワイド側が15mmのズームになります。

 となると、選択肢に入ってくるレンズはEF-S 15-85mm。35mm時代に換算すると、24から136ミリ。使いやすいそうなレンズです。

 これが7万9553円でした。

 60DとEF-S 15-85を組み合わせると、合計14万6653円となります。14万6653円。改めて考えると、けっこうな出費です。

 さらに悩ましいのが、このEF-S 15-85というレンズ、7Dとのキットで売られているレンズだということ。セットモデルなので、7Dにこのレンズを組み合わせたキットがけっこう安いんですよ。価格は15万8000円。本体だけなら4万円あった60Dとの価格差が、一気に1万円まで縮まってしまいました。

 差額が1万円ならやっぱり上位機種が欲しい。

 再び元同僚に相談。すると「この値段なら間違いなく7Dキットですよ」との答え。さらに新古品で15万3800円という商品を見つけてきてくれました。「新品にこだわらないなら、こっちがいいですよ。たぶん動作確認に開封しただけだし」

 新品にこだわる気はまったくありません。なのでこれを買おうと決心しました。

……決心したんですが……でも、やっぱり15万円という出費はかなり大きいですよねえ……。

「修理に5万円出すなら新しい買い物をしたい」と確かに思いました。思いましたが、その買い物が修理費より10万円も高いとなると……。

 そのとき、ある事実が頭に浮かびました。今、自分はレンズを中心とした品選びをしているという事実です。

 だとしたら本体にこだわる必要はないはず。

 昔、EOS KISSに赤ハチマキの高級レンズをつけて、取材に来ている同業者がいました。「なぜその組み合わせを?」と聞くとこんな答えが返ってきました。

「デジタルになって、カメラ本体って毎年進歩しているじゃないですか。数年前の上位機種並みの性能を入門機が持っていたりする。でも、レンズは何年も使えますよね。だとしたら、レンズはいいヤツを買って、本体は安いのをこまめに買い換えるほうがいいと思ったんですよ」

 それも1つの見識かもしれません。

 じゃあ、とEOS Kissの本体の値段を調べると、アマゾンで、6万4347円。

 ダブルズームキットが6万9300円だから、そちらの方が安いですね。でも、いらないレンズは増やしたくないからなあ。あと背面ダイヤル問題もあります。

 そこで「新品にこだわらない」私は中古カメラ屋へ向かいました。EOS 40Dが3万5000円で売っていました。外観に多少のキズあり、半年間の保証付き。

 40Dの画素数は1010万画素。最近機種と比べると見劣りしますが、現時点の用途ならおつりが来ます。

 そもそも仕事で考えた場合、1800万画素なんて画素数はまったく必要ありません。

 さらにデータのサイズを考えても、今のマックの処理能力とHDD容量からすると、1800万画素で撮影することには不安が残ります。

 というわけで、3万5000円の40Dを買うことに決めました。EF-S15-85と組み合わせると、3万5000円+7万9553円=11万4533円になります。

 どうせならと思ってレンズも中古で探してみたら6万5000円で売っていました。あわせてちょうど10万円です。

 これで壊れたカメラを5万円で修理して、さらに5万円で広角に強いレンズを買った、という構図になりました。個人的にはいい買い物だったと思うんですが、まあ、こればっかりは使い続けてみないとわかりませんね。
Re40def1885

 改めてK10Dを買ったときの日記を読み直しましたが、そうか、このときはEOS 30Dと比較してK10Dを選んだんですね。3年経って1世代進んだ、ということですか(笑)。

 今回も3年後に、3万5000円で買える本体を中古で探す予定です。どのくらいの性能になっているかな?

« 「AF-540FGZ」を買う | トップページ | 無敵屋で辛つけ麺を食べる »

デジタル機器・家電製品」カテゴリの記事

写真関連」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/38123648

この記事へのトラックバック一覧です: 60Dと7Dのどちらを買うか悩んでいたのに、買ったのは40Dだったという話:

« 「AF-540FGZ」を買う | トップページ | 無敵屋で辛つけ麺を食べる »