« 「Niigata Beer NON ALCOHOL」を飲む | トップページ | 映画『ハーブ&ドロシー』を観る »

PRISMOIDの卓上ホルダが壊れた

 以前の日記で、「最近、クレイドルに載せただけじゃ、充電されない」と書きました。もちろん充電できなくては携帯電話の役目を果たしませんから、電源ケーブルをクレイドルから外して、PRISMOIDに直接つないでいました。でも、これ、やっぱりめんどくさいわけで。

 そこで、このクレイドルを近所のauショップへ持って行きました。出てきた店員さんに事情を説明。彼女はさっそく白いPRISMOIDを持ってきて、私が持ち込んだクレイドルと電源ケーブルに載せてみました。やっぱり充電できません。これで、うちのPRISMOID本体がおかしいという可能性は消えました(厳密に言えば、この時点では「本体もクレイドルも壊れていた」という可能性はまだ残っていたわけですが)。次に電源ケーブルはそのまま、新しいクレイドル(「卓上ホルダ」という商品名なんですね)を使ってみます。するとPRISMOIDの充電ランプがあっさり点灯。というわけで、原因はクレイドル、いや卓上ホルダであることが判明してしまいました。

 じゃあ、新しいのをください、と言うと、auショップのお姉さんが「卓上ホルダは保証書がないんですよ」と済まなそうに一言。一瞬、意味がわからなかったのですが、なるほど「買って1年以内だけど保証は効かない」ということなんですね。了解です。価格は現金だと710円、ポイントだと690ポイント。ポイントに余裕があったので、ポイントで払いました。

 正式名称は「卓上ホルダKYX03PUA」という製品だそうです。

 これがパッケージ。
Reprizmoidholder01

 で、これが本体。
Reprizmoidholder02

 買ったのは去年の12月で、卓上ホルダが不調になり始めたのが9月頃。前に書いた塗装の話もそうですが、意外にすぐ壊れるな、というのが正直な感想です。この辺の品質管理と、最近のauの苦戦、どっちが先にあったんですかね。

 そういえば塗装のほうも順調に(笑)剥がれています。先日、指先を見たら、剥がれた塗装がついていました。ありゃりゃ。
Reprizmoidholder03

« 「Niigata Beer NON ALCOHOL」を飲む | トップページ | 映画『ハーブ&ドロシー』を観る »

デジタル機器・家電製品」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/37615820

この記事へのトラックバック一覧です: PRISMOIDの卓上ホルダが壊れた:

« 「Niigata Beer NON ALCOHOL」を飲む | トップページ | 映画『ハーブ&ドロシー』を観る »