« 靴の中敷き「ドライアップ」を買う | トップページ | スパークの「ティレル007 1977年日本GP 高橋国光モデル」を買う »

立田野食堂で「レバーソース丼」を食べる

 全然涼しくなりませんが、もう9月なんですね。今年の8月は、これまでの記憶にないくらい、桐生市へ頻繁に出かけました。東京も暑いけど、桐生も暑かった。というわけで、桐生のソースかつ丼の話です。

 以前にも入ったことがあるレトロすぎる定食屋、立田野食堂に再び立ち寄りました。

 目的は前回、おかみさんに「青森から食べに来た人もいる」と教えてもらった「レバーソース丼」です。一口サイズにあげられていて、衣にソースがしみていて、という料理なので、(小春軒の「カツ丼」のときに書いた)私の「ソースかつ丼の法則」に則っています。これは食べておかないと。

 行ったのは平日の12時半。のれんは掛かっているのですが、シャッターも少し下りています。店内をのぞくと、電気は消えてます。やっているのかいないのか、判断できません。「ごめんください」と声をかけますが、反応なし。冷房も入っていないし、やっぱり休みかなと思いながら、もう一度だけ「ごめんください」と言うと、中から「ああ、いらっしゃい」というおかみさんの声が返ってきました。それからテレビをつけて、冷房を入れて、と店が動き始めました。定食屋なのに昼時にこんな感じとは、のんびりしてますねえ(笑)。

 今回は二人で行ったのですが、相方は「上ソースカツ丼」を注文。私はレバーソース丼を頼みました。おかみさんは厨房に「レバーのソースカツ丼ね」と声をかけます。やっぱり「レバーソース丼」はソースかつ丼なんですね。

 料理が出てくるまでちょっと待たされました。本当にまだ始まっていなかったようです。

 そして、いよいよレバーソース丼が出てきました。
Retattano01_reba

 味は、というと……うーん、レバーのソースかつ丼でした。ヒレカツとレバーカツ、どちらが好きかと聞かれれば「ヒレカツ!」と即答できる人間にとって、レバーカツをあえて選ぶという選択肢はあり得えません。なので、次に来たら迷わずソースカツ丼を選ぶと思います。

 ちなみにソースカツ丼の「上」と「並」の違いはカツの数でした。並は5個で上は7個。
Retattano02_joukatsu

 志多美屋は4個で870円、藤屋食堂も4個で800円ですから、7個で670円というのはコストパフォーマンス、かなり高いです。それにしても数が多いから「上」というのも、わかりやすくていいですね。

※一応、立田野食堂の料理に関する部分は「ソースカツ丼」、それ以外の一般論は、志多美屋の表記に従い「ソースかつ丼」と書いています。

※ソースかつ丼関連の記事は単独サイドにまとめることにしました。ここに載っていなかったソースかつ丼にも振れています。もしよかったらご覧ください → 【ソースかつ丼への道】

« 靴の中敷き「ドライアップ」を買う | トップページ | スパークの「ティレル007 1977年日本GP 高橋国光モデル」を買う »

ソースかつ丼」カテゴリの記事

食事関連」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/36490091

この記事へのトラックバック一覧です: 立田野食堂で「レバーソース丼」を食べる:

« 靴の中敷き「ドライアップ」を買う | トップページ | スパークの「ティレル007 1977年日本GP 高橋国光モデル」を買う »