« 映画『フィリップ、君を愛している!』を観る | トップページ | 韃靼ラーメン一秀で「特製ラーメン」 »

K10D用にレリーズがほしい

Remortcontrol_e

「『minitte』の小型三脚『C-8EV』を使い続けるべきか」という日記の時にもちょっと書きましたが、仕事で写真を撮る機会が増えています。基本的に街歩きの記事限定なんですが。

 街歩きの記事に欠かせないのが食べ物。基本的にストロボは使わないので、小さな三脚を使い、シャッター速度を遅くします。華奢な三脚なので、シャッターを押す力でぶれることも多く、仕方がないので2秒のセルフタイマーを使ってシャッターを切っています。

 で、思ったのは(前にも書きましたが)「レリーズがほしい」。「下手くそな腕前を機材で補おう」といういつもながらの発想でして。

 ペンタックス純正だとワイヤードとワイヤレスがあります。

 ワイヤードだと「ケーブルスイッチCS-205」。

 ワイヤレスだと「リモートコントロール E」。


 ワイヤレスはなくしそうですね。でもワイヤレスなら、家族の記念写真の撮影に使えそうな気がします。どのくらい離れた距離から撮影できるんだろう。情報が見あたらなかったので、ペンタックスのホームページからサポートに質問してみました。

 翌日返事が返ってきました。レスポンス、いいです。

 K10Dのリモコン動作可能範囲はカメラ正面、または背面から約5メートル、だそうです。

 もう一つ気になったのは、ワイヤレスには「リモートコントロールF」という製品もあること。違いは「Eには離れたところでズームできるズームボタンがついているけど、Fにはついていない」。このワイヤレスズーム機能はコンパクトデジカメに装備されているもので、K10Dは対応していません。前の時にも「じゃあFでいいんじゃないか」と思ったんですよね。

 で再び質問。翌日に返事が返ってきました。レスポンス、いいです。

 果たして「K10Dで使用した場合、できることは同じ」とのこと。つまりK10Dで飲み使うなら値段の安いFがお買い得、ということですね。いや、すばらしいぞ、ペンタックスのサポートさん。

 あ、でもアマゾンでみると、現時点(2010年3月26日)での実売価格はEのほうが安くなっている。

 このワイヤレスレリーズ、K10Dの縦位置グリップに収納できるんですね。一応持っているので、これに入れておけばなくす危険度は低いかな。ただ、やっぱり重くなるので、カメラ以外の荷物も増える仕事で持ち歩くときには外しているんですよね。さてどうしようかなあ。

« 映画『フィリップ、君を愛している!』を観る | トップページ | 韃靼ラーメン一秀で「特製ラーメン」 »

デジタル機器・家電製品」カテゴリの記事

写真関連」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/33937446

この記事へのトラックバック一覧です: K10D用にレリーズがほしい:

« 映画『フィリップ、君を愛している!』を観る | トップページ | 韃靼ラーメン一秀で「特製ラーメン」 »