« クロスバイク「MUIRWOODS」で荷物をどう運ぶか | トップページ | KOSSの『PORTA PRO』を再評価 »

ソースかつ丼(志多美屋)

Resitamiya

 個人的な用事で桐生に帰ったとき、久しぶりに志多美屋の「ソースかつ丼」を食べました。 かつが4つのっている「4個入り」というメニューで、値段は870円。

 やっぱりおいしいです。大きさといい、味付けといい、肉の柔らかさといい、自分の持っているソースかつ丼のイメージというのは、この店のものだなあと実感しました。

 ご飯にかかったソースの案配も多すぎず少なすぎずで絶妙。ソースの染みたひとくちかつと、ソースの染みたご飯を、交互に食べたり、ときには一緒に食べたりするのがやっぱりソースかつ丼の醍醐味だと思います。とんかつでも重要な役割を果たすキャベツも、ここでは余計な存在なんですよね。

 かつが一口かつなのも、食べやすい要因。大阪の喜多呂も一口かつでしたが、一回りくらい大きいサイズでした。志多美屋くらいのサイズがちょうどいいと思うのは、昔から食べているせいでしょうか。

 ただ870円という値段はどうかなあ。個人的には600円くらいが適正価格じゃないかと思ったりします。870円もするんだから「もっとかつを大きくしてほしい」「やっぱりキャベツも乗っていてほしい」という思う人がいても不思議はないと思います。サラダとか味噌汁とかいらないから600円してほしい、というのは経営的にむずかしいんですかね。まあ、私は870円でも食べますけど。

 とりあえずぐるなびにリンクを張っておきます。 志多美屋本店

※ソースかつ丼関連の記事は単独サイドにまとめることにしました。ここに載っていなかったソースかつ丼にも振れています。もしよかったらご覧ください → 【ソースかつ丼への道】

« クロスバイク「MUIRWOODS」で荷物をどう運ぶか | トップページ | KOSSの『PORTA PRO』を再評価 »

ソースかつ丼」カテゴリの記事

食事関連」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/32838145

この記事へのトラックバック一覧です: ソースかつ丼(志多美屋):

« クロスバイク「MUIRWOODS」で荷物をどう運ぶか | トップページ | KOSSの『PORTA PRO』を再評価 »