« ソースかつ丼(志多美屋) | トップページ | 映画『愛と追憶の日々』のサントラを聴く »

KOSSの『PORTA PRO』を再評価

Rekoss_cover

 KOSSの『PORTA PRO』を買ったのは、たぶん20世紀の終わりくらいです。

 買ったのは石丸電気本店。当時、仕事で週に5回くらい秋葉原に出かけていて、秋葉原の石丸電気のお偉いさんのところにも定期的に顔を出していたのです。アポは入れていたんですが、別件が入ったらしく「ちょっと待っててよ」と言われたので(販売店さんはお客さん優先なので、こういうことはよくあります)、オーディオ売り場で時間を潰していたときに、このヘッドホンを試聴してみた、というのが出会いでした。

 ヘッドホンなのに圧迫感がない!──というのが第一印象。じゃあ、音はショボイかというと、抜けるようなカラッとしたイメージで、聴き心地もいい。あまりの快適さに思わずその場で買ってしまいました。買い物袋をぶら下げていくと、お偉いさんがそれを見て「もうちょっと長く待たせたらパソコンを買ってもらえたかな」と言って笑ったのを覚えています。

 今思うと世の中のヘッドホンブームってこのあたりから始まったんですかね。ただ、PORTA PROの時代は、(そんな時代があったと仮定して)それほど長くなかったような気がします。

 今のトレンディネット、当時はデジタルARENAというサイトでヘッドホンの記事を担当していた編集者のM君と話をしていて、「電車でPORTA PROを使う人がいるんですよ。信じられませんよね」という話題が出ました。カラッとした音を再生できるということは、同時に音漏れがひどいから、電車の中で使うのはマナー違反じゃないかというスタンスですね。いや、それは確かに岩手出身のイケメンM君の言う通りだと思います。俺も通勤では使ったことないし。

 でも、自宅で使う分には、今でもすごく快適なヘッドホンです。最近、使う機会がどんどん増えています。理由はiPhoneとの相性の良さです。

 iPhoneを3GSにしてから、家の中でもiPhoneを持ち歩いています。メールを見たり、Twitterでつぶやいたり、写真を撮ったり。家族が寝た後、リビングで仕事をしているときももちろんフリースのポケットに入っています。で、ある夜、iPhoneにPORTA PROをつないでみたわけです。

 いや、すごい快適。初めて試聴したときの「おどろき」とか「楽しさ」を思い出しました。

 欠点があるとしたら、使い込んでいるとイヤホンカバーがすぐダメになるってことですかね。去年もカバーがボロボロになって新しいのに取り替えました。

 昔は石丸電気本店のヘッドホン売り場で取替用のカバーを売っていたのですが、さすがに今は置いていません。ネット経由で販売元のティアックに確認したところ、ティアック修理センターから以下のようなメールが届きました。

「KOSS PORTA PRO」のイヤーパッドはお求め頂けます。
9A03164800 EARCUSHION(PORTAPRO) @179-(税抜き@170-)
左右で2個必要になります

<ご請求内訳> 消費税込
部品代金 :¥357
送料 :¥200
ご請求額合計:¥557

 この金額を銀行口座に振り込めば送ります、という内容ですね。振り込み手数料も自己負担ということなので、商品以外の値段がちょっと高すぎるかな。そこでビックカメラで他の買い物をしたときに相談して、取り寄せてもらいました。次に買うときもこのルートでいこうと考えています。

 そういえば去年は25周年モデルも発売されていましたよね。
Koss25

 アマゾンでは売り切れみたいですが、ティアックのネットショップでは売っているみたいです。楽天でも売っています。

※ここで購入したイヤーパッドは3年後に破れました。その時の顛末はコチラです。

関連記事
●PORTA PROのイヤーパッドを買う
●Bluetooth対応ヘッドホン「AKG Y45BT」を買う

« ソースかつ丼(志多美屋) | トップページ | 映画『愛と追憶の日々』のサントラを聴く »

デジタル機器・家電製品」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/32848910

この記事へのトラックバック一覧です: KOSSの『PORTA PRO』を再評価:

« ソースかつ丼(志多美屋) | トップページ | 映画『愛と追憶の日々』のサントラを聴く »