« 麺屋ごとうで「特製もりそば」を食べる | トップページ | ステンレスミニボトル「LUNCH BREAK MUG」をもらう »

アイオーデータの「USB-RGB」を買う

Reusbrgb

 メインマシンをMac miniにしてから一年半が過ぎました。


 現行のMac miniはデュアルディスプレイに対応していますが、自分の持っているのは未対応の旧型。仕方なしにこの一年半はシングルディスプレイで我慢していました。

 でもiTunesとTwitterを常時表示させたいと考えると、やっぱり1600×1200の21インチディスプレイ一つじゃあ厳しい。最初はUSB対応の小型液晶でも買おうかと思ったのですが、それよりUSBのビデオアダプターを買ったほうが安いことに先日気づきました。

 21インチディスプレイの他に家には三菱のVISEOがあって、Windowsノートの外部ディスプレイに使っています。USB経由でそれをつなげばXGAのサブディスプレイが出来ることになるわけです。

 というわけで、ビックカメラへ。小型USBディスプレイと同じコーナーにおいてありました。マックに対応しているのはアイオーの「USB-RGB」で6480円。さっそくこれを購入。
Reusbrgb1

 まずソフトをインストール。その後で、Windowsノート(といっても据え置きで使っているんですが)からVISEOを外して、USB経由でMac miniに接続。あっさりデュアルになりました。

 やっぱりデュアルは便利。一時期はトリプルまで増やしていたんですが、さすがにそれはいらないかな。

 Windowsノートのほうは21インチディスプレイのD-sub入力端子に接続。これでWindowsで作業したいときは21インチの入力を切り替えればいいことになります。これはこれで、かえって使いやすくなったような気もします。

 で買った後、アマゾンで調べてみたんですが、アマゾンは安いなあ。

« 麺屋ごとうで「特製もりそば」を食べる | トップページ | ステンレスミニボトル「LUNCH BREAK MUG」をもらう »

デジタル機器・家電製品」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/31828509

この記事へのトラックバック一覧です: アイオーデータの「USB-RGB」を買う:

« 麺屋ごとうで「特製もりそば」を食べる | トップページ | ステンレスミニボトル「LUNCH BREAK MUG」をもらう »