« バナナ・リパブリックでピーコートを買う | トップページ | ブルース・スプリングスティーンの『MAGIC』を聴く »

FMV-BIBLO LOOX U50X/Vを使って一カ月

 一年前にこんなことを書いたけれど、ようやく毎日カバンに入れて持ち歩くノートを、FMV-BIBLO LOOX S80B/W からU50X/Vに変えた。そろそろ一カ月になる。

2007u50

 U50のよさは、その小ささと軽さ。カバンに入れておく荷物が多い人間にはうれしい限りで、海外に出かけるときなどにも力を発揮するんじゃないかという気にさせる(海外に行く予定はないけど)。

 弱点は、画面の小ささとキーボードの使いにくさ。このあたりは長所とトレードオフか。とりあえずキーアサインを変更させるソフトは標準で付いていてほしい。

 今はChange Key v1.4というフリーソフトでいくつかのキーを変更させている。現時点での設定は以下の通り。

/ → ↑
[ → ←
] → ↓
_ → →
F11 → 「
F12 → 」
CapsLk → /
* → -
かな → Home
ScrLk → End
左WINDOWS → PageDown

(アサインはmixiの「FMV-BIBLO LOOX U」コミュを参考に決定。やっぱりmixiのコミュニティは21世紀のNIFTYだなあ。)

 できれば一緒に携帯できる折りたたみキーボードがあるとうれしい。
 Bluetoothも標準で搭載していて(今は特定モデルだけ搭載)、そのキーボードもBluetooth対応だったりすると完璧。

 今はW-ZERO3のために買ったVAIO U用のキーボードをときどき使うのだけど、持ち運ぶまでには至らない。本体とキーボードが専用バッグにうまく収まるような商品展開があればいいなあ。

 不満をもう一点。ACアダプターがS80と同じ(型番はFMV-AC313S)というのはどうなんだろう。S80が登場したのが2001年。もう6年も経っているのだから、もっと小型化してほしかったところ。まあ、同じおかげでS80のACアダプターを自宅用に、U50のACアダプターを会社用にと使い分けることができたのだけれど。
 なにはともあれ、小型ノートは“慣れ”が必要な機械なので、使い込むにつれて印象は変わってくる。使いにくいハードを、あれこれ試しながら使いやすくするのも、サブノートを“手懐ける”、楽しい作業だったりするわけで。しばらく持ち運ぶつもりです。

追記 このハードに関してはいろいろと試行錯誤しながら使っています。ただOSをXPにしたことで印象はがらりと変わりました。詳細はこちらで

« バナナ・リパブリックでピーコートを買う | トップページ | ブルース・スプリングスティーンの『MAGIC』を聴く »

PC/Mac」カテゴリの記事

デジタル機器・家電製品」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/9378237

この記事へのトラックバック一覧です: FMV-BIBLO LOOX U50X/Vを使って一カ月:

« バナナ・リパブリックでピーコートを買う | トップページ | ブルース・スプリングスティーンの『MAGIC』を聴く »