« ラングラーの77MWZを買う | トップページ | 「酒のほそ道」13巻を買う »

無線LANアダプターを買う

 時間をつぶそうと入った喫茶店でノートパソコンを広げたら、無線LANの電波をキャッチした。確認してみるとHOTSPOTだった。

 鞄の中にはいつもサブノートパソコンが入っている。それとセットで無線LANアダプターも入っている。ノートと無線LANアダプターが別というのはスマートさに欠けるけれど、無線LANは内蔵が当たり前になるなんて想像もできなかったような大昔のノート(FMV-BIBLO LOOX S80B/W)なので仕方がない。

 これまでは、PCカードスロットをメモリーカード用に使いたいと考えて、USB接続の無線LANアダプターを持ち歩いていた(WLI-U2-KG54)。だが、外部メモリーはUSB接続のものを使っているし、外付けのマウスも取り付けることがあるしと考えると、2個しかないUSBメモリースロットのうちの1つを無線LANアダプターで占有するのはかえって不便だということに、最近になってようやく気づいた。そもそもこの一年間、PCカードスロットに何かを挿入した記憶は一切なかったりする。

 というわけで、バッファローの「WLI-CB-G54HP」をビックカメラで購入。HIGH POWERと赤い文字で書いてある、強面の製品。先日会社用に買って、いいなと思ったのが選んだ理由。

Cbg54

 うたい文句は「内蔵タイプより速い」。ただ多少遅くても内蔵のほうがかさばらなくていいんじゃないかと思わないでもない。自宅の無線LANは家族の分もあって面倒くさいからAOSSで統一しているので、バッファロー製品が便利なのは事実だけど。

 やっぱり最新型の携帯ノートがほしいなあ。今はVAIO Type T、それもフラッシュモデルが気になって仕方がない。実は97年に行われたバイオの最初の発表会を取材していて、505が初登場したときも雑誌で紹介記事を書いていたりするので、バイオに対する思い入れは人一倍強いのだ。ただし、必要な予算は30万円。

 Let's noteの“ジェットブラック”モデルも、実物をみたら予想以上に格好よかった。ホームページでオプションを加えた金額を見積もってみたら28万9449円とやっぱり30万円コース。

 今使っているルークスのように5年使うとして年6万円の計算。月5000円か。新製品が次々に登場して、価格も一気に下がるPC関連製品はローンで買いたくないのだけど……。

 マックブックならブラックモデルが13万9800円か。こちらもこの間、銀座の直営店で実物を見てかなり物欲を刺激された。って、すでに話が携帯ノートではなくなっている。でも、コンピュータを見て美しいなと思ったのは久しぶりだったのも事実。ThinkPad560やVAIO PCG-505を初めて見たときのような気分になった。

« ラングラーの77MWZを買う | トップページ | 「酒のほそ道」13巻を買う »

デジタル機器・家電製品」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122446/7024328

この記事へのトラックバック一覧です: 無線LANアダプターを買う:

» 北斗の拳2G:北斗の拳2Gパチスロ攻略ページ [北斗の拳2G:北斗の拳2Gパチスロ攻略ページ]
北斗の拳2Gの基本スペック・チャンス目・プレミアを詳しく紹介しています。大人気の北斗の拳2Gを攻略しよう!! [続きを読む]

« ラングラーの77MWZを買う | トップページ | 「酒のほそ道」13巻を買う »